クリス・ヘムズワース、決死の肉弾戦!Netflix『タイラー・レイク』アクション満載予告編

『タイラー・レイク -命の奪還-』キービジュアル
『タイラー・レイク -命の奪還-』キービジュアル

 4月24日からNetflixで配信がスタートする、『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースが主演を務めたオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』の予告編が公開された。鍛え上げた肉体を屈指した、クリスの迫力のアクションが詰め込まれている。

『タイラー・レイク -命の奪還-』の予告編

 クリスが演じるのは、裏社会における危険な任務を生業とする傭兵タイラー・レイク。本作では、報酬と引き換えに、ムンバイで誘拐された麻薬王の息子を救出するため、ギャングの支配する市街地ダッカに単身で乗り込んだタイラーの壮絶な脱出劇が描かれる。

[PR]

 監督は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』等でクリス・エヴァンスのスタントマンを務め、『アベンジャーズ/エンドゲーム』等では、スタントコーディネーターも務めたサム・ハーグレイヴ。プロデュースを、一連のマーベル作品を監督したアンソニー・ルッソジョー・ルッソ兄弟が手がけた。

 スタント出身のハーグレイヴ監督だけに、予告編で映し出されるアクションも本格仕様。壮絶な肉弾戦にリアリティーあふれる銃撃戦、カーアクションにいたるまで、アクションに生えるクリスの肉体美にも注目だ。閉鎖状態の街から脱出するため、人質を見捨てろと要求されるタイラーが苦悩する場面も。金のために受けた仕事だが、まだ何も知らない少年を見捨てることもできない。悪人になりきれない複雑な胸中がのぞく。

 共演は、人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で警察署署長ジム・ホッパーを演じ、マーベル映画『ブラック・ウィドウ』にも出演するデヴィッド・ハーバー。プロデューサーのジョー・ルッソが脚本も務めており、ソー役とは一味違った、新たなアクションヒーローに注目だ。(編集部・入倉功一)

Netflixオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』は4月24日独占配信

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]