東京コミコン、今年は12月4日から3日間開催 中止・延期の可能性も

クリス・ヘムズワースやマーク・ラファロが来日!昨年度の東京コミコン
クリス・ヘムズワースやマーク・ラファロが来日!昨年度の東京コミコン

 株式会社東京コミックコンベンションは14日、映画・コミックなどのポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2020」(略称:東京コミコン2020)を、12月4日から6日までの3日間にわたり、千葉・幕張メッセで開催すると発表した。なお、新型コロナウイルス感染症の影響がある場合、開催が中止もしくは延期される可能性もある。

クリヘム、ラファロも来日!昨年度の海外ゲストたち【画像】

 2016年に第1回が開催された東京コミコンは、映画・コミック・アニメなどのポップカルチャーの祭典として、企業出展、アーティスト・アレイ、パネルディスカッションなどの企画が行われる。動員数も毎年増加しており、4回目となった昨年は3日間で過去最高となる69,731人を記録した。

[PR]

 また、海外から豪華ゲストも来日しており、昨年は『アベンジャーズ』シリーズのクリス・ヘムズワースマーク・ラファロ、『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウ、『シャザム!』のザカリー・リーヴァイ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのオーランド・ブルームらが参加している。

 日程発表に合わせて、「東京コミコン2020」のメインビジュアルを決めるコンテストの開催も決定。映画やアメコミといった東京コミコンをイメージした作品を募集しており、誰でも参加ができる。グランプリに選ばれた作品は、ウェブやポスター、パンフレットの表紙などで使用され、副賞としてコミコンの3DAY PASSペアチケットと、アーティスト・アレイの出展ブースが贈呈される。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]