マコーレー・カルキン、新『ホーム・アローン』カメオ出演で3億円超のギャラゲットか

やったね! - マコーレー・カルキン(2019年6月撮影)
やったね! - マコーレー・カルキン(2019年6月撮影) - Rodin Eckenroth / Getty Images

 マコーレー・カルキン(39)が、子役時代の出世作『ホーム・アローン』のリブート版にカメオ出演することで、250万ポンド(約3億5,000万円)近いギャラを手にすることになるだろうと The Sun が報じた。(1ポンド140円計算)

【画像】『ホーム・アローン』ケビンの現在の姿…マコーレー・カルキンが投稿

 リブート版『ホーム・アローン』の制作は、動画配信サービス「Disney+」(日本での展開は今年後半を予定)用のコンテンツとして米ディズニーが昨年8月に発表。『ジョジョ・ラビット』の子役アーチー・イェーツが主演を務め、『ダーティ・グランパ』のダン・メイザー監督がメガホンを取ることになっている。

[PR]

 マコーレーはリブート決定の報を受けて、「ヘイ、ディズニー、電話してよね!」とTwitterで自身を売り込んでいたが、どうやら現実になったよう。関係者は「このショーのスターであるマコーレーなしに、『ホーム・アローン』は完成しません。ディズニーのボスたちは彼をリブート版に参加させたいと必死で、そのために財布の口を大きく開いたのです」「カメオ出演が計画されており、現在、詳細を詰めているところです。しかし、ギャラは250万ポンド(約3億5,000万円)近くになるでしょう」と語っている。

 リブート版主演のアーチーが演じるのは、マコーレーが1作目と2作目で演じたケビン・マカリスター少年ではなく、似たような新キャラクターになるという。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]