長谷川純「麒麟がくる」本木雅弘との共演は夢のような一時

「麒麟がくる」で大河ドラマ初出演を果たした長谷川純
「麒麟がくる」で大河ドラマ初出演を果たした長谷川純 - (C)NHK

 放送中の長谷川博己主演のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」で斎藤孫四郎役を務め、大河ドラマ初出演を果たした長谷川純。斎藤道三役での怪演が話題の本木雅弘との共演について「本当に『夢のような一時』でした」と振り返っている。

豪華!長谷川博己「麒麟がくる」キャストビジュアル

 本作は本能寺の変を起こすことになる戦国武将・明智光秀の知られざる半生を描いた作品。長谷川純は光秀が暮らす美濃の守護代である道三の次男・孫四郎役で、三男・喜平次とともに道三に溺愛され、道三に反発する長兄・高政の怒りを買ってしまうという役どころに挑む。

[PR]

 大河ドラマへの出演は「役者としての私の夢」だったと話す長谷川は「自分が出演するお話を最初に聞いた時は、番組のドッキリ企画なんじゃないか? と思ったんですが、正式に出演オファーだったのでとても嬉しかったです」とコメント。「撮影現場で一流のプロフェッショナルのみなさんとの作品づくりは至福であり、何より今後これからの役者人生において大変貴重な経験となりました」と振り返っている。

 なかでも親子を演じた本木との共演は特別だったようで「僕が感想を述べるのは大変恐縮なのですが」と前置きをしてから「聡明で凛としたオーラに包まれ、そこに静かにドッシリと佇まれている本木さんとお芝居をする時間は今までに感じたことのない衝動があり、本当に『夢のような一時』でした」と述懐。「本木さんの息子役を演じさせてもらえたことは僕にとって一生の自慢です!」と語っている。

 長谷川は視聴者に向けて「最終回まで壮大な人生ドラマを視聴者の皆さんと一緒に見届け、この混沌とした現代を生きていく何かヒントになるようなモノを見つけていけたらと思います」とメッセージを送っている。(編集部・海江田宗)

大河ドラマ「麒麟がくる」はNHK総合にて毎週日曜20時~ほか放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]