ADVERTISEMENT

「小説 天気の子」を醍醐虎汰朗&森七菜が朗読!全キャラを2人で

著者はもちろん新海誠監督
著者はもちろん新海誠監督 - (C) 2019「天気の子」製作委員会

 昨年7月に公開されて大ヒットを記録した新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』で主人公とヒロインの声を務めた醍醐虎汰朗森七菜が、映画の原作である「小説 天気の子」のオーディオブック版で朗読を担当している。

新海ワールド全開!『天気の子』スペシャル予報【動画】

 醍醐と森は映画で自分たちが担った役柄だけでなく、ほかの登場人物についてもすべて2人で朗読している。新海監督が執筆した小説や、関連小説をオーディオブック化する「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」の第5弾で、アニメーション制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム」が全面協力している。

ADVERTISEMENT

 2019年の国内ナンバーワン興行収入を記録した『天気の子』は家出少年の主人公・帆高(声:醍醐)が、祈ることで天気を晴れにすることができる少女・陽菜(声:森)と出会う物語。音楽を人気ロックバンドRADWIMPS野田洋次郎桑原彰武田祐介)が手がけ、声優として本田翼吉柳咲良平泉成梶裕貴倍賞千恵子小栗旬らが参加していた。

 オーディオブック版は8日より予約が開始。開始にあわせてAmazonでは、オーディオブック版の冒頭部分で、映画でも描かれた「高校を卒業した帆高が再び東京に向かうフェリーのデッキテラスで陽菜に想いを馳せるシーン」をAIアシスタントAlexaで視聴できるキャンペーンを実施している。(編集部・海江田宗)

「小説 天気の子」オーディオブック版は8月28日より配信開始

映画『天気の子』スペシャル予報 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT