シャーリーズ・セロン、不死身の傭兵を指揮!新作アクション7月配信

不死身の傭兵たちを率いるシャーリーズ・セロン - Netflix映画『オールド・ガード』7月10日(金)より独占配信開始
不死身の傭兵たちを率いるシャーリーズ・セロン - Netflix映画『オールド・ガード』7月10日(金)より独占配信開始

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのシャーリーズ・セロンが主演を務めるアクション映画『オールド・ガード』が、Netflixで7月10日より全世界独占配信される。本作でシャーリーズが演じるのは、不死身の傭兵たちを率いる女性兵士だ。

シャーリーズ・セロン、カズ・ヒロの特殊メイクで激変!【画像】

 原作は、小説家グレッグ・ルッカの同名グラフィックノベル。“永遠の命”を持つ不死身の傭兵たちが所属する謎の特殊部隊は、何世紀にもわたって秘密裏に人類を守り続けてきた。そんな彼らの能力が、ある日何者かによって暴かれ、その能力を複製しようと企む謎の組織から狙われることに。部隊を率いる女性兵士アンディ(シャーリーズ)は、人類の運命をかけて組織の脅威に立ち向かう。

[PR]

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で女戦士を熱演し、『アトミック・ブロンド』ではキレキレのアクションに挑んだシャーリーズ。公開された場面写真は、斧を背負い凛々しい表情で銃を構えるシャーリーズの姿を捉えており、傭兵部隊を指揮する彼女の壮絶な戦いを予感させる。

『オールド・ガード』
実力派キャストが脇を固める!

 キャストには、『ビール・ストリートの恋人たち』でヒロインに抜てきされたキキ・レイン、実写『アラジン』のジャファー役で知られるマーワン・ケンザリ、『ハリー・ポッター』シリーズでダドリー・ダーズリーを演じたハリー・メリングなど実力派が集結。また、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でペイジを演じたヴェロニカ・ンゴー、『ドクター・ストレンジ』でモルドを演じたキウェテル・イジョフォーも出演している。

 メガホンを取ったのは、『リリィ、はちみつ色の秘密』などのジーナ・プリンス=バイスウッド監督。原作者のグレッグが、脚本・製作総指揮を務めている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]