ゲイリー・オールドマンが眼帯の悪役に!ボンドガール女優と共演の予告編公開

『ザ・クーリエ』ポスタービジュアル
『ザ・クーリエ』ポスタービジュアル - (C)2019 TC Film LTD. All Rights Reserved.

 7月3日よりヒューマントラストシネマ渋谷で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020 延長戦」で上映される“ボンドガール”オルガ・キュリレンコと、オスカー俳優ゲイリー・オールドマン共演のアクション『ザ・クーリエ』。本作のポスタービジュアル並びに予告編が公開された。

【動画】『ザ・クーリエ』怒濤の予告編

 本作の主人公は、シリア政府軍の壊滅作戦に参加した元特殊部隊最強の女。戦地で兄を失い、表舞台から姿を消し、運び屋としてひっそりと生きていたが、巨大犯罪組織のボス・マニングスの殺人現場を目撃してしまった証人ニックを守るため、熾烈な戦いに身を投じていく。

[PR]

 主人公を演じるのは、『007/慰めの報酬』のボンドガールや『オブリビオン』のトム・クルーズの相手役として知られるオルガ・キュリレンコ。本作ではシリア、ニューヨーク、ロンドンなどを舞台に、猛スピードのバイクアクション、肉弾戦、銃撃戦をほぼスタントなしで挑んだ。また、巨大犯罪組織のボス、マニングス役は、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の元英国の首相チャーチル役でアカデミー賞主演男優賞に輝いたゲイリー・オールドマン。『レオン』では映画史に残る悪役を怪演した彼が、眼帯をつけた巨悪を演じる。

 予告編は、マニングスの殺人現場を目撃してしまった証人ニックと、彼を命がけで守ろうとするヒロインを捉えたもの。彼女のあまりの強さに「ただの運び屋じゃないよね?」とビビるニックや、「地獄を味あわせてやる」などクールな言葉を吐くタフなヒロイン、憎々しい悪役マニングスなど強烈なキャラクターたちが目まぐるしく映し出され、アクションシーンもふんだんに詰め込まれている。

 撮影監督は『96時間』のミシェル・アブラモヴィッチ。製作総指揮に『ザ・フォーリナー/復讐者』のウェイン・マーク・ゴッドフリーと『大脱出』シリーズのバリー・ブルッカーが名を連ねる。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]