ADVERTISEMENT

長野博「ハケンの品格」第6話で社長役 12年ぶり日テレドラマ出演

第6話にゲスト出演する長野博
第6話にゲスト出演する長野博 - (C) NTV

 V6長野博が、22日放送のドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系・毎週水曜よる10時~)第6話にゲスト出演することが明らかになった。長野が演じるのは、第6話の核となる隅田フーズ社長・隅田厚。長野にとって、日本テレビのドラマ出演は、2008年放送の「ヤスコとケンジ」以来12年ぶりとなる。

長野博、後輩・HiHi Jets高橋優斗と共演!【画像】

 今年13年ぶりに復活を果たした「ハケンの品格」は、膨大な資格とスキルを武器に問題を解決する、一匹狼の派遣社員・大前春子(篠原涼子)の活躍を描くお仕事系ドラマ。先週放送の第4話は、営業事業部・営業1課の課長に就任した東海林武(大泉洋)が東京本社に復帰するところで幕を閉じた。

ADVERTISEMENT

 長野が出演する第6話では、まごころ弁当を作る隅田フーズとの契約を切ろうとする営業1課の東海林と、それに反対する営業企画課の里中(小泉孝太郎)が対立。両者一歩も引かない状況の中、春子は独自のやり方で“結論”を出そうと、資格を武器に神がかりな活躍を見せる。

 ゲスト出演が決まった長野は「ゲストとしての出演は既にチームが出来上がっている場所へ入っていく事になるので、自然と馴染めるよう意識しました。演じる際は監督とお話しし、まっすぐで誠実なキャラクターをしっかりと出せるよう努めました」とコメント。「篠原さん演じる大前春子さんの真直ぐな言葉がグッと入ってくるので、一緒にやっていて凄く楽しいです」と充実感をにじませる。

 また、12年ぶりとなる日本テレビのドラマ出演については「12年ぶりというのを知って、そんなに時間が経っているんだなと驚いたのですが、日本テレビが持つ色にうまく染まっていられたらなと思っています」と期待を寄せている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT