『コンフィデンスマンJP』前作上回る好スタート!

前作超えの好スタート!
前作超えの好スタート! - (C) 2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

 23日に公開された長澤まさみ主演の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が、前作『コンフィデンスマンJP』(2019)を上回るヒットスタートを切った。

【動画】仲良し!長澤まさみ&東出昌大&小日向文世、わちゃわちゃトーク

 本作は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、「リーガルハイ」シリーズなど数々のヒット作を手掛けた脚本家・古沢良太によるオリジナルドラマの映画化第2弾。信用詐欺師(=コンフィデンスマン)であるダー子(長澤)、真面目で小心者のボクちゃん(東出昌大)、百戦錬磨のリチャード(小日向文世)の活躍を描く。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて5月1日公開の予定が延期となっていたが、ついに公開を迎えた。

[PR]

 前作は、公開から3日間で興行収入4億8,000万円だったが、今作は土日2日間で4億500万円、初日から4日間では観客動員数64万8,000人、興行収入9億1,200万円と前作を超える好発進。全国映画動員ランキングでは、『今日から俺は!!劇場版』に次ぐ2位にランクインした(数字はすべて興行通信社調べ)。

 本作には、18日に急逝した三浦春馬さんが天才詐欺師・ジェシー役で出演。ほか、竹内結子広末涼子江口洋介織田梨沙石黒賢前田敦子生瀬勝久などおなじみの面々や、白濱亜嵐関水渚古川雄大柴田恭兵北大路欣也ビビアン・スー滝藤賢一濱田岳濱田マリデヴィ・スカルノといった個性豊かなキャストが名を連ねる。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]