『千と千尋』『君の名は。』作画の安藤雅司監督デビュー作『鹿の王』が公開延期

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
2021年に公開延期
2021年に公開延期 - (C) 2020「鹿の王」製作委員会

 『千と千尋の神隠し』『君の名は。』などで作画監督を務めた安藤雅司が初監督するアニメーション映画『鹿の王』が、諸般の事情により、予定していた9月18日から、2021年に公開が延期された。6日、東宝が発表した。今後の公開予定については、決まり次第、東宝のホームページで告知される。

安藤雅司が作画監督を務めた『千と千尋の神隠し』フォトギャラリー

 『鹿の王』は、上橋菜穂子の本屋大賞受賞作をアニメ映画化したファンタジー大作。強大な帝国が支配する世界を舞台に、謎の病から生き延びて旅を続ける血の繋がらない父と娘、その病から多くの命を救おうと奔走する医術師など、過酷な運命に立ち向かう人々の絆を描き出す。

 共同監督として安藤と共に映画を作り上げるのは、『千と千尋の神隠し』で監督助手、『伏 鉄砲娘の捕物帳』で映画初監督を務めた宮地昌幸。脚本はアニメ「ハイキュー!!」シリーズなどで知られる岸本卓が手掛け、アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。(編集部・小松芙未)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]