東京国際映画祭、予定通り開催の意向 コンペは中止

 第33回東京国際映画祭は予定通り、10月31日から11月9日まで開催するべく準備を進めていることが明らかになった。

【写真】華やかに開幕!昨年の映画祭

 新型コロナウイルスの影響で、世界中の映画祭が中止や延期、あるいは縮小を余儀なくされる中、東京国際映画祭は6日、「映画を観る喜びを再認識し、映画の未来への希望の光を灯す」「映画を通じて国際的な連帯を強める」「コロナ後の映像文化についての考察を深める」という3つの目標を掲げ、「映画館でのフィジカルな上映」を基本として実施する意向を発表。シンポジウムやゲストのトークなどにはオンラインも活用することを考えているという。

 とはいえ、まだまだ例年と同じような映画祭を行うことが難しいのも事実で、今年はグランプリを選出する「コンペティション」、アジアの新鋭監督を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品をそろえた「日本映画スプラッシュ」の3部門を1つの部門に統合、「TOKYOプレミア2020」とし、さまざまな賞を競う形ではなく、その中の全作品を対象に観客の投票で決まる「観客賞」のみが設けられる。そのほかの部門については後日発表される。(編集部・中山雄一朗)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]