『キャプテン・マーベル』続編に抜てき!気鋭の女性監督ニア・ダコスタとは

今週のマーベル

『キャプテン・マーベル』続編、着実に進行中!
『キャプテン・マーベル』続編、着実に進行中! - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest/ ゲッティ イメージズ

 映画『キャプテン・マーベル』続編の監督決定や、「アベンジャーズ」新作ゲームの追加ヒーローなど、今週(8月3日~7日)起きたマーベルに関する出来事を振り返ります。(編集部・倉本拓弥)

『キャプテン・マーベル』ニック・フューリー若返りの裏側【動画】

『キャプテン・マーベル』続編、監督が決定

『キャプテン・マーベル』
映画『キャプテン・マーベル』より - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest/ ゲッティ イメージズ

 映画『キャプテン・マーベル』続編(2022年7月8日全米公開)の監督が、リメイク版『キャンディマン』を手掛けたニア・ダコスタに決定したと、Deadlineが報じました。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画に参加する女性監督としては、アンナ・ボーデン(『キャプテン・マーベル』)、ケイト・ショートランド(『ブラック・ウィドウ』)、クロエ・ジャオ(『ジ・エターナルズ(原題) / The Eternals』)に続く4人目。続編は現代が舞台になるとも報じられており、ブリー・ラーソン演じるキャプテン・マーベルの新たな物語に、期待が高まります。

[PR]

MCU初参戦!気鋭の女性監督ニア・ダコスタとは

ニア・ダコスタ
ニア・ダコスタ(左)とヴァルキリー役テッサ・トンプソン(右) - Rachel Murray / Getty Images

 『キャプテン・マーベル』続編を手掛けるニア・ダコスタ監督は、どんな人物なのか? 現在30歳のニア監督は、アメリカ・ニューヨークを拠点に、映画監督や脚本家として活動しています。長編デビュー作は、犯罪スリラー『ヘヴィ・ドライヴ』(2018)で、『マイティ・ソー』シリーズでヴァルキリーを演じるテッサ・トンプソンとタッグを組んでいます。その後、Netflixドラマ「トップボーイ」でエピソード監督を経験するなど、徐々に知名度を上げ、『ゲット・アウト』のジョーダン・ピールが製作を務めるリメイク版『キャンディマン』(10月16日全米公開)の監督に抜てきされました。ホラー&スリラーを手掛けてきたニア監督が、MCU初の黒人女性監督としてどんなヒーロー映画を作り上げるのか、続報が待たれます。

「アベンジャーズ」新作ゲームにスパイダーマン参戦決定

スパイダーマン
ゲームでのビジュアルは不明 - Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 アベンジャーズを操作できる新作ゲーム「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」(9月4日発売、スクエア・エニックス)の追加ヒーローとして、スパイダーマンの参戦が正式発表されました。ゲームはPlayStation(R)4、Xbox One、Windows PC向けに発売されますが、スパイダーマンはPlayStation独占コンテンツとして、2021年初めに無料で追加されるとのこと。スパイダーマンのゲームでは、PlayStation(R)5向けに発売される「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」が待機中ですが、こちらはインソムニアック・ゲームズが開発しているため、「Marvel's Avengers」では新たなビジュアルのスパイダーマンが登場することになりそうです。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]