是枝裕和、新作は初の韓国映画!ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ぺ・ドゥナ集結

(左上から時計回りに)是枝裕和監督、ソン・ガンホ(提供:CJエンターテインメント)、ぺ・ドゥナ(提供:ジョルジオ アルマーニ ビューティー)、カン・ドンウォン(提供:YGエンターテインメント)
(左上から時計回りに)是枝裕和監督、ソン・ガンホ(提供:CJエンターテインメント)、ぺ・ドゥナ(提供:ジョルジオ アルマーニ ビューティー)、カン・ドンウォン(提供:YGエンターテインメント)

 映画『万引き家族』(2018)などで知られる是枝裕和監督の新作の製作が決定し、初めての韓国映画演出作品『ブローカー(仮)』を手掛けることが明らかになった。

草なぎ剛、尊敬するソン・ガンホに深くお辞儀&握手!【写真】

 昨年、監督初となる国際共同製作作品『真実』が公開されるなど、国内外での活躍が続いている是枝監督。カンヌ映画祭コンペティション部門の常連としても知られ、『そして父になる』(2013)では審査委員賞、『万引き家族』では最高賞にあたるパルムドールを受賞している。今回、韓国の製作陣や俳優陣とともに長年温めていた企画だという韓国映画『ブローカー(仮)』の製作プロジェクトが始動したことが発表された。

[PR]

 『ブローカー(仮)』では、子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを置いていくことができるように用意された“ベビーボックス”をめぐって出会った人たちの姿が描かれるという。キャストには大ヒットを記録した『パラサイト 半地下の家族』(2019)などのソン・ガンホをはじめ、『義兄弟 SECRET REUNION』(2010)でソン・ガンホと共演したカン・ドンウォン、そして是枝作品の『空気人形』(2009)に出演したぺ・ドゥナが名を連ねており、韓国映画を代表する3人のアンサンブルに期待が高まる。

 制作を手掛けるのは『プリースト 悪魔を葬る者』『MASTER/マスター』『国家が破産する日』『最も普通の恋愛』『#生きている』などを制作した韓国の映画社ジップ(ZIP CINEMA)、投資配給を CJ ENM が担当。現在はシナリオを準備している段階で、2021年にクランクインする予定となっている。

 今回の作品について、是枝監督は「3人の俳優はもとより、今回は尊敬する韓国のキャスト、スタッフの皆さんの胸を借りる気持ちで撮影に臨みます。頭の中で3人の名優を動かしながら、今脚本を書いているところで、僕自身が多分一番ワクワクしております。このワクワクを皆さんに共有していただけるような、スリリングで、ヒリヒリする、それでいて切ない映画にしたいと思っています」とコメントを寄せている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]