成田凌、大倉忠義と話す女性陣に嫉妬 撮影中は「嫌いでした」

『窮鼠はチーズの夢を見る』公開を迎えた成田凌、大倉忠義、行定勲監督
『窮鼠はチーズの夢を見る』公開を迎えた成田凌、大倉忠義、行定勲監督

 大倉忠義関ジャニ∞)と成田凌が12日、都内で行われた映画『窮鼠はチーズの夢を見る』公開記念舞台あいさつに、行定勲監督とともに登壇。成田が、撮影中に共演する女優陣に嫉妬していたことを明かすと、大倉は成田に現場で冷たい態度をとっていたことを打ち明けた。

大倉忠義、クールな笑顔!フォトギャラリー

 『窮鼠はチーズの夢を見る』は、漫画家・水城せとなのコミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」の映画化作品。受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた青年・大伴恭一(大倉)が、久々に再会した同性の後輩・今ヶ瀬渉(成田)に思いを告げられ、翻弄(ほんろう)されるさまが描かれる。

[PR]

 この日は、全国の会場でライブビューイングも実施され、およそ3万3,000人が視聴。大倉が「観終わった後にお話しができること、うれしく思います」と笑顔ながら冷静な口調であいさつすると、成田は「3万3,000人と聞いてドキッとしたんですけど、大倉くんは素直に受け入れてますね。さすが」と大倉の度胸に感心しながら、自分たちの姿をより多くの観客に届けられることに「いい時代に公開することができたなと思っています」と感慨をにじませた。

 大倉との撮影を振り返った成田は「(共演する)さとうほなみさんと、一言もしゃべっていないんじゃないかな」と告白。さらに、共演経験のある吉田志織に対しても「大倉くんと合間にしゃべっている(姿を見た)ときは、ムカついちゃって……」と明かし、「女性陣みんなが、あの時期は嫌いでしたね」と嫉妬に燃えていたこと打ち明けた。

 それを聞いた行定監督が「大倉は、成田に対して優しくないのよ」と暴露すると、大倉も「優しくないです」と認め、「(演じる上で)距離感がすごい大事だと思っていた」と、演技のための冷たさだったと説明。そして、「空いているときに飲みに行こうよ、という雰囲気ではあったんですけど、そこまで近づいちゃうと違うかな? と思ってると、冷たくなっちゃってたみたいです」と笑顔で振り返っていた。(取材:錦怜那)

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]