「エール」久志に召集令状が…16週のあらすじ

裕一はニュース歌謡の作曲にも携わる
裕一はニュース歌謡の作曲にも携わる - (C) NHK

 連続テレビ小説「エール」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が9月28日から16週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

太平洋戦争が勃発…第16週「不協和音」場面カット

 連続テレビ小説102作目となる「エール」は、作曲家の古山裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の夫婦が昭和の時代を音楽とともに生きる姿を描く物語。9月28日からは第16週「不協和音」に突入する。

[PR]

 昭和16年、太平洋戦争が始まり、世の中の戦時色はさらに深まっていた。裕一は戦時歌謡を手掛けるほか、戦果を伝えるニュースとともに流すためのニュース歌謡の作曲にも携わり、忙しい日々を送っていた。久志(山崎育三郎)は福島に帰郷して慰問活動、鉄男(中村蒼)は再び新聞記者としての仕事に追われ、3人での活動も休止となる。そんななか、久志のもとに召集令状が届く。

 戦争の激しさが増していくにつれて、次第に日本は苦境に立たされることになり、食料の配給も減ったことで音も食事づくりに苦労するようになっていた。自宅で開いていた音楽教室を続けることが難しくなるとともに、戦意高揚の音楽活動を行う「音楽挺身隊」に参加することにもなるのだった……。

 第15週では、出征する藤堂先生(森山直太朗)のために曲を捧げる福島三羽ガラスの姿が描かれた。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]