キンプリ永瀬廉、朝ドラ初出演!「おかえりモネ」清原果耶と同級生役で共演

連続テレビ小説への初出演を果たす永瀬廉
連続テレビ小説への初出演を果たす永瀬廉 - 画像提供:NHK

 清原果耶がヒロインを務めるNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」(2021年度前期)に、永瀬廉King & Prince)が出演することが発表された。永瀬が連続テレビ小説に出演するのは今作が初めてとなる。

永瀬廉、ピンクジャケットが似合う!【写真】

 「おかえりモネ」は、宮城県・気仙沼に生まれ育ち、同県の登米で青春を送るヒロインが気象予報という天気にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな未来を届けていく姿を描く物語。清原がヒロインの永浦百音を演じ、脚本をドラマ「きのう何食べた?」などの脚本家・安達奈緒子が手掛ける。

[PR]

 今回発表されたのは、百音の同級生を演じるキャストの面々。永瀬は高校卒業後にすぐに漁師見習いとして漁船に乗り始める及川亮役を担う。亮は百音とは幼少時から不思議とウマが合い、気心が知れた仲。運動神経抜群かつ気配りのできる性格のためにとにかくモテるのだが、本人は意に介せず飄々と振る舞っている。ただ、人知れず父親との関係に悩んでいる、という役どころとなる。

 永瀬は「まさか自分が朝ドラに出演させていただけるとは思っていなかったので、驚きとともにこの作品の一部になれることがとても光栄です。プレッシャーもありますが自分らしく楽しんで演じていきたいです。舞台である気仙沼にはまだ行ったことがないのですが、本作を通じて気仙沼という地域を見て、触れて、感じて、その土地で起きた出来事にしっかりと寄り添いながら、一瞬一瞬を大切に、キャスト、スタッフの皆さんと撮影期間を過ごしていきたいと思います」と意気込みを語っている。

 ほかにも、保育園から百音といつも一緒という一番の幼なじみ・野村明日美に恒松祐里、伝統ある寺の息子で同級生チームのムードメーカー・後藤三生に前田航基、電車オタクで故郷を愛するしっかり者・早坂悠人に高田彪我がふんすることが決定。物語の序盤には、吹奏楽を始めた仲間と百音のよる演奏シーンも出てくるという。

[PR]

 そして、百音の父・耕治(内野聖陽)と親友で、かつて天才漁師と言われた亮の父親・及川新次役を浅野忠信が務める。朝ドラ初出演となる浅野は「清原果耶さん演じるヒロインのモネの若さとエネルギーは本当に魅力的で台本を読むたびに心を掴まれております! 物語の舞台となる気仙沼のドラマにも心を打たれ、僕自身も勇気をいただいております。素晴らしい共演者とスタッフの方たちとこのドラマに参加できることを誇りに思います。一生懸命やりますので、よろしくお願いいたします!」とコメントしている。

 「おかえりモネ」は2020年秋ごろにクランクインの予定で、2021年春に放送スタートする予定となっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]