ADVERTISEMENT

本広克行監督、新作は『踊る大捜査線』と別物!台本は大枠だけ

後列左から押井守監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督、前列左から本広克行監督、秋元才加、小川紗良、ヒロシエリ、飯島寛騎
後列左から押井守監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督、前列左から本広克行監督、秋元才加、小川紗良、ヒロシエリ、飯島寛騎

 『踊る大捜査線』シリーズなどで知られる本広克行監督の新作『ビューティフルドリーマー』(11月6日公開)の完成披露試写が5日、都内で行われ、本広監督と出演者の小川紗良ヒロシエリ秋元才加飯島寛騎が登壇。「台本は大枠だけ」だったという本作の撮影を振り返った。

【動画】イベントの様子

 『パトレイバー』『攻殻機動隊』シリーズなどの押井守監督が原案を手掛ける本作は、本広監督、押井監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督らが立ち上げた映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1弾作品。「映画研究会」を題材にした物語で、映画を撮ったことのない美大の映画研究会の部員たちが、“いわくつきの台本”の映画化に挑む。

ADVERTISEMENT

 「監督絶対主義」で映画を制作することを主旨とした本レーベルの作品とあり、本広監督は台本がなくその場でアドリブの演技を続けるエチュードの手法を作品に取り入れるなど、従来の商業映画とは違った演出を心がけている。本広監督は「今までの脚本は塾考された台本があった。台本を変える時もプロデューサーに相談しないといけなかったのが、今回はかなり自由にやらせてもらいました」と述べ、「みなさんが発する言葉を映画にしたいって。『踊る大捜査線』なんかを観て、ああいう感じかなと思って観るときっとびっくりすると思います」と話す。

ビューティフルドリーマー
左から飯島寛騎、小川紗良、秋元才加、本広克行監督

 主演の小川は、朝ドラ「まんぷく」などで女優として活躍する一方、『海辺の金魚』で長編監督デビューを果たしている。「わたし自身、去年初めて長編監督作を撮って、女優にも監督にもいろいろ制限があるなか、こういうレーベルがあるのは貴重だと思いました」と同レーベルの主旨に賛同し、「さらに若い世代や女性監督にも続いていくものになれば意味のあるものだなと思います」と若手クリエイターにエールも。演技に関しては「今回は台本は大枠だけ。あとは自分たちの即興芝居で埋めていく。先が見えない撮影だった」と言い、「稽古中もいろいろ悩んで相談しながらやっていて、その時間にわたしたちの仲やチームワークも整った気がします。エチュードの部分はかなりみなさんに助けられました」と撮影を振り返った。

ADVERTISEMENT

 エチュードに関しては共演の飯島も「自分としてすごく楽しかった。いい経験になった。いつもやっているお芝居と感覚が違ったし、画の撮り方も不思議。全く新しいものだけど懐かしい部分もある」と充実の表情。秋元も「台本が大枠しかなかった。でも、エチュードで好きにやっていいよって。だから悩みがなくて、楽しくて充実した撮影期間になりました」とコメント。AKB48在籍時もエチュードになじみがあったようで、「グループ在籍時によく休み時間にエチュードをやったりしていたんです。だからそういうものには拒絶感はなかった。いい経験をさせてもらいました。いろいろな挑戦が詰まった映画になりました」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

押井守監督、原案の『ビューティフルドリーマー』自分で撮ればよかった!?「Cinema Lab」設立会見&映画『ビューティフルドリーマー』完成披露試写 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT