松村北斗&森七菜『ライアー×ライアー』メイキングカット!松村は「運命的な役でした」と笑顔

ダブル主演の松村北斗&森七菜
ダブル主演の松村北斗&森七菜 - (C) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会  (C) 金田一蓮十郎/講談社

 松村北斗SixTONES)と森七菜がダブル主演を務める2021年初春公開の映画『ライアー×ライアー』から、二人の笑顔を捉えたメイキングカットが公開された。

【写真】ライアーポーズも!『ライアー×ライアー』メイキングカット

 金田一蓮十郎の大人気コミックを『MARS~ただ、君を愛してる~』などの耶雲哉治監督が映画化する本作は、恋愛経験ゼロの地味系女子大生・湊(森)が訳あって高校の制服にギャルメイクで街に出た際に、両親の再婚で義理の弟になった透(松村)とバッタリ遭遇してしまったことから、別人の“JK・みな”として「私×義理の弟×JK姿の私」という不思議な三角関係に発展してく新感覚ラブストーリー。

[PR]

 このたび、同作のメイキング写真が公開に。約3週間に及ぶ撮影を経て8月にクランクアップを迎えたが、松村と森は猛暑のなかのロケ撮影でもリラックスした笑顔を見せている。森たちが指をクロスさせているカットもあるが、これは「嘘(ヒミツがあること)」を表現した“ライアーポーズ”とのことで、キャストの笑顔から明るい現場の雰囲気が伝わってくる。なお、撮影では本番時以外はフェイスシールドを着用するなど徹底した新型コロナウイルス感染拡大防止対策が行われたという。

 「どんな役であっても“演じてよかった”と思いますが、今回は特に透と出会って、透を演じたことで、俳優・松村北斗と芝居の関係性が変わった、そういう運命的な役でした」と満面の笑みを浮かべた松村。透は普段はクール系モテ男だが、惚れ込んだJKみなに対しては激甘男子ぶりを炸裂させる役どころで、「透のめちゃくちゃピュアで、バカみたいに真っ直ぐなところが好き。愛すべきキャラクターです」と自身の役への愛情をにじませる。

 劇中には、そんなぶっきらぼうな透の愛らしい一面が垣間見えるシーンも。大学では半径10m以内に近づくなと湊に言われた透は、大学の食堂で彼女の姿を見つけるとすぐさま避けるのだが、ロボットのようにくるっと向きを変え、律儀に言われたことを守る真面目な姿はとても可愛らしい。ここは2mという原作の設定を時節にともなって変更した箇所で、2mはソーシャルディスタンスで普通になってしまったため映画では10mになっている。

[PR]

 一方、森は「ラブコメは初めてだったので葛藤もありましたが、とても面白かったし、楽しかったです」と新境地の感想を語る。清純派なイメージの森が金髪のウイッグ&ギャルメイクに挑戦していることでも話題だが、以前から原作ファンだったという森は「湊の表情の豊かさ、その豊かさから生まれる愛らしさ、そして嘘をついているけど応援したくなるキャラクター」であることを表現するために、湊の顔が描かれている原作ページをコピーして台本の各シーンに貼りつけるなど、研究を重ねたそう。「湊目線で物語が動いていくので、観客の皆さんもきっと湊と一緒に心が動いて、湊の感情を共有していくんだなと思うと、その責任感のようなものもありました」と真摯(しんし)に作品に向き合った。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]