すごい迫力…森山未來×北村匠海×勝地涼のボクシング映画舞台裏

『アンダードッグ』メイキングより 配給:東映ビデオ
『アンダードッグ』メイキングより 配給:東映ビデオ - (C)2020「アンダードッグ」製作委員会

 『百円の恋』の武正晴監督&脚本家・足立紳のコンビが、約6年ぶりにボクシングを題材にした映画『アンダードッグ』(11月27日より前編・後編同日公開)の撮影裏を捉えたメイキング映像が公開。三者三様のボクサーを演じる森山未來北村匠海勝地涼の入魂のトレーニングが見られる。

『アンダードッグ』メイキング映像

 タイトルのアンダードッグとは、若手スター選手候補たちの踏み台にされる選手のこと。本作は、手にしかけたチャンピオンへの道からはずれた今もかませ犬として、リングにしがみつく崖っぷちボクサー・晃(森山)を中心に、三人のルーザーたちの生きざまを描く。武監督は撮影を振り返り「森山未來さんの身体能力は素晴らしく、彼がいなければ成立しなかった作品です。晃はプロボクサーという設定がありますから難しかったと思いますが、あれだけ動ける人は稀です。北村匠海君の運動神経と反射神経には驚かされました。勝地涼さんの練習したアッパーカット宮木スペシャルは練習の成果が出ていました」と3人を評している。

[PR]

 初めに映し出されるのは、クランクインの1年前から始めたトレーニングを経て撮影に参加しプロボクサー役に挑んだ森山。メイキング映像では、本番カメラが回っていない間も腕立て伏せなど黙々と筋トレに励み、ミット打ちの練習シーンでは強烈なパンチを打ち込む姿が。

アンダードッグ
天才若手ボクサー役の北村匠海

 続くのは、若き天才ボクサー・龍太にふんした北村の本番直前の模様を収めたもの。本作の撮影が、主演映画『とんかつDJアゲ太郎』の撮影後だったこともあり、クランクイン前に体重を8キロ落として臨んだという北村。『百円の恋』に続きボクシング指導を担当した松浦慎一郎とともに、瞬発力のある龍太のステップを細かく確認しながらシャドーボクシングを披露。松浦より「いいね! OKです」と声が上がると、緊張が解けて笑みがこぼれる姿も収められている。

アンダードッグ
芸人ボクサー役の勝地涼

 最後は、大物俳優の二世タレントで鳴かず飛ばずの芸人ボクサー・瞬を演じた勝地。ジムの先輩役であり、プロボクサーかつトレーナーライセンスも取得しているロバート・山本博との撮影では、武監督や松浦に上半身の動きを確認しながら、汗だくで宮木らしいボクシングを組み立てていく様子が切り取られている。(編集部・石井百合子)

劇場版『アンダードッグ』は11月27日よりホワイトシネクイント他にて前編・後編同日公開

森山未來×北村匠海×勝地涼『アンダードッグ』メイキング映像 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]