89歳の映画館主「キネマに捧げた50年」 斎藤工、NNNドキュメントでナレーション

ナレーションを務める斎藤工
ナレーションを務める斎藤工

 俳優の斎藤工さんが、11月1日(深夜0時55分~)に日本テレビで放送される、大分県別府市の老舗映画館を追ったNNNドキュメント「キネマに捧げた50年~別府ブルーバード劇場~」でナレーションを担当する。

 1970年にスタートしたNNNドキュメントは、人の喜怒哀楽を見つめ、生きる力となる“希望”や“絆”を映すドキュメンタリー番組。今回は、日本有数の温泉地として知られる別府で、昭和24年の創業から人々に映画を届けてきた、町の映画館「別府ブルーバード劇場」を取り上げる。

 現在、今年89歳の岡村照さんが3代目館長を務める「別府ブルーバード劇場」。岡村さんやボランティアの人々が守り続けた劇場には、映画ファンだけでなく、映画監督や俳優も時々訪ねてくる。館長就任から50年。今年は、新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされた時期もあったが、どんな時もすべてを映画に捧げてきた岡村さんと、小さな映画館を映し出す。

 俳優・映画監督としても活動する斎藤さんも、同館を訪れる映画人のひとり。制作を担当した、テレビ大分・片山潤ディレクターは、ナレーションを依頼した理由について、「斎藤工さんは何度もブルーバード劇場に足を運んでいて、照館長とも親交が深く、照館長が一番好きな俳優でもあるからです」と話し、番組の見どころについて「どんな時でも映画を愛する真っ直ぐな気持ちと笑顔で周りを幸せな気持ちにしてくれる、照館長の人柄」と語っている。(編集部・入倉功一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]