ADVERTISEMENT

今夜「24 JAPAN」第5話、獅堂の前に立ちはだかるCTU支部長!

唐沢寿明演じる獅堂現馬(左)と、佐野史郎ふんするCTU第1支部長・鬼束元司(右)
唐沢寿明演じる獅堂現馬(左)と、佐野史郎ふんするCTU第1支部長・鬼束元司(右) - (c) 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

 大ヒット海外ドラマを日本でリメイクしたテレビ朝日系ドラマ「24 JAPAN」の第5話が、6日午後11時15分から放送される。本作は、日本版ジャック・バウアーこと主人公・獅堂現馬(唐沢寿明)の活躍を、全24話・1話1時間のリアルタイムで描いており、第5話では午前4時~午前5時に起きた出来事が語られる。(以下、第4話のネタバレを一部含みます)

【画像】櫻井淳子をにらみつける仲間由紀恵…第5話「04:00ー05:00」

 「24 JAPAN」は、オリジナル版「24 TWENTY FOUR」のシーズン1をベースに、CTU第1支部A班の班長・獅堂が女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻止するため、テロリストと戦うサスペンスドラマ。第4話では、封鎖されたCTUオフィスを抜け出した獅堂が、暗殺計画に関わっていると見られる正体不明の男性を拘束。男は獅堂の名前を知っており、誘拐された娘・美有(桜田ひより)に会いたければ身柄を解放しろと、意味深な言葉を放った。

ADVERTISEMENT

 美有を捜索する獅堂の妻・六花(木村多江)と美有の親友・函崎寿々(柳美稀)の父親である要吾(神尾佑)は、女の子が車にはねられたと聞き病院へ急行。二人は手術室へ運ばれる寿々の姿を目撃し、六花は美有の安否が未だわからずパニックに陥ってしまう。

 妻から事情を聞いた獅堂は、別の線から美有の行方を調べると告げ、暗殺計画に関与している可能性が高い男・陳元永福(渋谷謙人)が移送された警察署の取調室へ向かう。暗殺計画の黒幕と美有の居場所を突き止めるため、陳元を尋問しようとする獅堂だが、彼の前にCTU第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が立ちはだかる。

 朝倉麗はその頃、キャスターの山城まどか(櫻井淳子)がまもなく息子・夕太(今井悠貴)に関する衝撃的なニュースを報道することに頭を抱えていた。妹・日奈(森マリア)に事前に伝えるべきではないかと考え始める朝倉は、窮状を打開するため、大胆な決意を固める。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT