伊藤健太郎降板の舞台「両国花錦闘士」、主演はジャニーズJr.原嘉孝に決定

原嘉孝(ジャニーズJr.)
原嘉孝(ジャニーズJr.)

 伊藤健太郎が降板した舞台「両国花錦闘士」の主演を、原嘉孝ジャニーズJr.)が務めることが9日、明らかになった。本作は漫画家・岡野玲子の漫画に基づき、やせ型で美形の力士・昇龍を主人公にした歌あり、ダンスあり、笑いありのエンターテインメント。当初の予定では、原は昇龍の兄・清史役ほかで出演予定だったが、伊藤の降板により急遽、昇龍役に決定。昇龍の兄・清史役に木村了が特別出演として決定した。

【写真】現在公開中の伊藤健太郎の主演映画

 主人公・昇龍を演じる原は「急遽、昇龍役を演じることになり、正直最初は戸惑いを隠せませんでした。ですが、カンパニーの全メンバーがより一層、一致団結し、公演を観に来てくださるお客様方に最高な作品をお届けできるよう、日々、稽古に励んでおります。プレッシャーも当然ありますが、自分らしく、お芝居を楽しむ気持ちを忘れずに稽古含め約4か月間完走したいと思います。今だからこそできるエンターテインメント、今だからこそ表現できる僕たちカンパニーの熱量を、是非、劇場で感じていただけたら幸いです。千秋楽を迎える2021年1月28日まで、応援の程、よろしくお願いします」とコメントしている。

[PR]

 もともと主演を務める予定だった伊藤は、道路交通法違反等の疑いで10月29日に警視庁に逮捕、30日に釈放されていたが、11月7日、同舞台の公式サイトなどで伊藤の降板を発表。「諸般の事情により降板する運びとなりました。出演を楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をおかけし深くお詫び申し上げます」と報告されていた。公演は予定通り、東京公演は12月5日~23日(明治座)、大阪公演は来年1月5日~13日(新歌舞伎座)、福岡公演は来年1月17日~28日(博多座)に行われる。

 その他キャストとして、昇龍のライバル・雪乃童を大鶴佐助が演じるほか、大原櫻子、紺野美沙子、りょう、入江甚儀徳永ゆうき岸本慎太郎(ジャニーズJr.)、根岸葵海(ジャニーズJr.)、大山真志橘花梨加藤梨里香市川しんぺー福田転球伊達暁らが名を連ねる。作・演出を、歌舞伎の脚本から劇団四季の演出まで幅広く手掛ける、現代演劇のトップランナーの一人、青木豪が作・演出を担当。主題歌を、熱狂的な相撲ファンとして知られるデーモン閣下が務める。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]