「24 JAPAN」どきキャン岸がドラマ本編に登場!4日放送の第9話で

どきキャン岸、ついに「24 JAPAN」本編にも登場!
どきキャン岸、ついに「24 JAPAN」本編にも登場! - (c) 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

 大ヒット米ドラマ「24 TWENTY FOUR」を唐沢寿明主演でリメイクした「24 JAPAN」の第9話(4日23時15分~、テレビ朝日系)に、オリジナル版の主人公ジャック・バウアーのモノマネで一世を風靡した、お笑いコンビ・どきどきキャンプ岸学が出演することが明らかになった。すでに岸は、同作の配信オリジナルストーリー(ABEMAとTELASAで毎週配信中)に出演しており、満を持してテレビ本編にも登場する。

【画像まとめ】カッコよさ全開!現在53歳のキーファー・サザーランド

 「24 JAPAN」は、オリジナル版のシーズン1を基に、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班に所属する獅堂現馬(唐沢)の活躍を全24話・1話1時間のリアルタイムで描くサスペンスドラマ。女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻止すべく、獅堂がテロリスト集団に立ち向かう。

[PR]

 岸といえば、ジャック・バウアーにふんして日本版の制作発表会見に登場したり、テレビ朝日のYouTube公式チャンネルで配信された特別動画で唐沢と共に作品をPRするなど、放送前から積極的に活動してきた人物である。配信版では、暗殺計画に関与する謎の男・神林(高橋和也)の手下・岸本を演じており、第9話にも同役で出演。岸がどの場面で姿を見せるのかは明かされていない。

 第9話「午前8時~午前9時」では、神林による朝倉の暗殺計画を間一髪のところで阻止した獅堂が、“暗殺実行犯”として連行されてしまう。誘拐された娘・美有(桜田ひより)と妻・六花(木村多江)を自らの手で救出するため、獅堂は逃走し、町の一角に身を潜めながら、部下である水石伊月(栗山千明)に連絡を入れる。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]