「仮面ライダーセイバー」内藤秀一郎、初の劇場版に自信!谷口賢志のオーラに痺れる

初の劇場版に自信を見せる内藤秀一郎
初の劇場版に自信を見せる内藤秀一郎

 『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』の完成報告会が10日に丸の内TOEIにて行われ、神山飛羽真/仮面ライダーセイバー役を務める内藤秀一郎が「観た感じは(上映時間の)倍ぐらいの迫力」とアピールした。この日のイベントには『仮面ライダーセイバー』から内藤とともに山口貴也川津明日香青木瞭生島勇輝富樫慧士岡宏明、ゲスト出演の谷口賢志、そして『仮面ライダーゼロワン』から高橋文哉岡田龍太郎鶴嶋乃愛井桁弘恵中川大輔砂川脩弥桜木那智杉原輝昭監督、ゲスト出演の伊藤英明福士誠治山崎紘菜も参加した。

キャストが大集結!完成報告会の様子【写真】

 内藤が出演する『仮面ライダーセイバー』は、12月18日より『仮面ライダーゼロワン』とともに2本立てで劇場公開。破滅の本の封印を解いた不死身の剣士に対し、仮面ライダーセイバーたちが戦いを挑む姿が描かれる。公開を控え、一足先に映画を鑑賞したという内藤は「20分で劇場短編という名前がついていますが、観た感じは倍ぐらいの迫力があります」と作品の出来に胸を張ると「ぜひ劇場で観てほしいです」と呼びかけた。

[PR]

 そして見どころとなるのは、ゲストとして登場する『仮面ライダーアマゾンズ』シリーズなどの谷口が演じる不死身の剣士・バハト/仮面ライダーファルシオンとのセイバーたちの戦い。谷口は「セイバーという作品のなかで、彼らを一つでも二つでも上にあげられる存在になればいいと思っていました」と巨大な敵役として全身全霊で臨んだことを明かす。

 そんな谷口は、舞台上で変身シーンも披露。力強く華麗な変身ポーズを見せると、内藤は「撮影現場にいるときから谷口さんはオーラがすごくて、本当に怖かった。やっぱり格好いい」と脱帽しつつ「バハトとのシーンは、お互いの思いと思いがぶつかり合うのですが、負けたくないという気持ちで頑張りました」とすがすがしい表情を見せた。

 今後のテレビシリーズにつながる伏線なども散りばめられているという本作。内藤は「僕にとって初主演の映画になります」と感無量な表情を浮かべて「絶対に勝ちます!」と力強く口にした。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]