JKの体に入れ替わった殺人鬼がやりたい放題…ホラー『ザ・スイッチ』本予告が公開

この女子高生、中身は凶悪な連続殺人鬼です。
この女子高生、中身は凶悪な連続殺人鬼です。 - (c) 2020 UNIVERSAL STUDIOS

 女子高生と連続殺人鬼の体が入れ替わってしまう異色ホラー『ザ・スイッチ』(2021年1月15日公開)の本予告が公開され、女子高生の体を手にした殺人鬼が、電動ノコギリやチェーンソーといった凶器を駆使して殺戮を繰り広げる様子が明らかになった。

【動画】JKの体を手にした殺人鬼がやりたい放題…『ザ・スイッチ』本予告

 『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督がメガホンを取った本作は、13日の金曜日に肉体が入れ替わってしまった、地味な女子高生と指名手配中の連続殺人鬼の姿を描いたホラー。入れ替わってしまう二人を演じているのは、『名探偵ピカチュウ』のキャスリン・ニュートン(女子高生ミリー役)と、『サイコ』のヴィンス・ヴォーン(殺人鬼ブッチャー役)だ。

 殺人鬼の体になってしまったミリーは戸惑う一方、女子高生の体を手にしたブッチャーは、ミリーが通う学校でやりたい放題。赤いレザージャケットを着こなし、イケてる女子高生に変貌すると、手当たり次第に殺戮を繰り広げる。映像には、男性の顔を電動ノコギリに近づける様子や、若者グループにガラスを使って殴りかかる姿などが収められており、ブッチャーの恐ろしさが見て取れる。(編集部・倉本拓弥)

[PR]
» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]