TWDスティーヴン・ユァン出演 オスカー有力作『ミナリ』日本公開決定

アカデミー賞も期待される『ミナリ』が日本公開
アカデミー賞も期待される『ミナリ』が日本公開 - Photo by Melissa Lukenbaugh, Courtesy of A24

 海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズのグレン役で知られる、スティーヴン・ユァンが出演する映画『ミナリ』が、2021年3月19日に日本公開されることが決定した。

 同作は、1980年代を舞台に、農業で成功することを夢見て、アメリカ南部のアーカンソー州に移住してくる韓国人一家を描いた人間ドラマ。『ムーンライト』『ミッドサマー』などの注目スタジオ・A24と、ブラッド・ピットの製作会社 プランBがタッグを組んだ作品で、第36回サンダンス映画祭におけるグランプリ&観客賞の2冠をはじめ、各国映画祭で高い評価を受けており、昨年の『パラサイト 半地下の家族』に続いて、アカデミー賞を騒がせる作品として期待されている。

 スティーヴンが演じるのは、アメリカンドリームを追い求める、韓国系移民一家の父親ジェイコブ。家族と共にアメリカ南部に引っ越すジェイコブだが、荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは、いつまでも心だけは少年の夫の冒険に、危険な匂いを感じる。一方、しっかり者の長女アンと、好奇心旺盛で心臓に病を持つ弟のデビッドは、新しい土地で希望を見出していき、韓国からやってきた破天荒な祖母とも一風変わった絆を結ぶことに。しかし現実は厳しく、やがて一家にさまざまな困難と事件が降りかかる。

[PR]

 監督・脚本は、新海誠監督の大ヒットアニメ『君の名は。』ハリウッド版への抜てきが報じられた、新鋭リー・アイザック・チョン。タイトルの「ミナリ」とは、韓国の芹(セリ)のこと。水辺に育ち、独特の香りと歯ごたえに特徴があるこの芹は、2度目に収穫したほうが美味だといい、成長した子供の幸せを願う、親世代の思いを込めたダブルミーニングのタイトルになっている。(編集部・入倉功一)

映画『ミナリ』は2021年3月19日よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]