「麒麟がくる」光秀&信長のケンカが「まるでコント」と視聴者歓喜

第38回「丹波攻略命令」より光秀(長谷川博己)と信長(染谷将太)
第38回「丹波攻略命令」より光秀(長谷川博己)と信長(染谷将太) - (C)NHK

 27日に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第38回で明智光秀(長谷川博己)と織田信長(染谷将太)が言い争いをするシーンがあり、緊迫したムードの中に笑いをにじませた2人のやりとりが「まるでコントのよう」と話題を呼んでいる(※ネタバレあり。第38回の詳細に触れています)。

【写真】長谷川博己、クランクアップにさわやかな笑顔!

 ことの発端は、美濃から斎藤利三(須賀貴匡)が家臣にしてほしいと光秀のもとへやってきたこと。利三いわく主君の稲葉一鉄(村田雄浩)は忠義心がゼロで、己の保身のため、状況によってころころと立場を変える暴君。これまで稲葉のために命がけで戦ってきたが、ある出来事をきっかけに見限った(キレた)という。利三が光秀の元へ逃げ込んだことは信長の耳にも届いており、光秀を呼び出すと利三を稲葉のもとへ返せと命じる。

[PR]
麒麟がくる
怒ったり笑ったり……の信長

 しかし、光秀は盟友でもあった幕臣・三淵藤英(谷原章介)に、信長が紙切れ一枚で切腹を言い渡したことに怒り心頭で、利三を稲葉に返せば殺されてしまうと信長の命令を拒絶。「家臣一人の命も大事にしない主君では国は治まらない」と訴えた。バテレンから届いた菓子や衣服にご機嫌の信長だったが、命令に背く光秀に激怒し「帰れ!」と声を荒げた。かと思えば、そっこう「呼び戻せ……」と家臣に命じると、今度は光秀にニコニコと「おまえのためにとってあった」とバテレンの衣服を手渡し、敵対勢力の多い丹波の平定を命じると共に「利三のことは稲葉に話しておく」と切り上げた。

 信長は利三の命を救う交換条件として光秀に「丹波平定」という難題を突き付けたことになり、まさに飴とムチ。放送後、ネット上では目まぐるしく表情を変えていった染谷の演技への絶賛の声が寄せられると共に、信長と光秀のやりとりに歓喜する視聴者が続々。「帰れ!」(信長)、「帰りまする!」(光秀)の会話から、かつて帰蝶(川口春奈)の結婚を巡って決裂した時の斎藤道三(本木雅弘)と光秀を思い返すという声も多く見られた。

 放送後、公式Twitterには本シーンにまつわる染谷のコメントが投稿され「怒ったかと思うと、すぐに笑顔になってバテレンの服を渡し、次は神妙な顔つきで策略を語る。その目まぐるしい感情の変化に、最初台本を読んだとき思わず笑ってしまいました。光秀とは、言い合うけどお互いがギリギリのところで思いとどまるという、絶妙な関係ですね」と語っていた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]