「麒麟がくる」最後のメインビジュアル公開!

「麒麟がくる」最後のメインビジュアル
「麒麟がくる」最後のメインビジュアル - (C)NHK

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」から最後となるメインビジュアルが公開された。燃える背景に甲冑姿の明智光秀(長谷川博己)がこちらを見下ろすさまを捉えた1枚で、「それでも、この仁なき世を愛せるか。」というコピーが添えられている。

【画像】「麒麟がくる」メインビジュアル一挙(第1弾~第3弾)

 「麒麟がくる」ではこれまで、現代の写真家による「明智光秀の肖像画」シリーズとして奥山由之が第1弾、内田将二が第2弾を撮り下ろしており、今回が第3弾にして最後のメインビジュアルとなる。クリエイティブディレクターの多田琢は「ラストを飾る写真家は川上智之さん。『麒麟がくる』で生まれた新しい明智光秀。光秀は戦乱の世で何を果たし、何を果たせなかったのか? もしもその思いを胸に抱いたままタイムスリップした光秀が、我々の前に現れたらどんな写真が撮れるだろうか……川上さんにはそんなテーマに挑んでいただきました」とテーマについて説明。「写真の中の光秀を見ていると、『この光秀は我々が生きる現代をどう見るのだろうか?』『果たして彼は今の世に『仁』を見出すことができるのだろうか?』と思えてきます」と続けている。

[PR]

 制作統括の落合将は「思えばこのドラマの制作過程には、温暖化による台風被害、コロナウイルスの襲来など、さまざまな災害がスタッフ・キャストを襲いました。その中で長谷川博己さんは、決して負けないぞという不屈の闘志で、『麒麟がくる』づくりをけん引してくれました。その闘志が、この最後の1枚には宿っているような気がします。光秀が『大きな国づくり』を最後まで決して諦めなかったように。3枚のフォトは、この1年の激動と連動しその中で希望を求めて生まれた、ドラマと現代をつなぐ、唯一無二のものになった気がします!」とコメントしている。

 昨年1月にスタートした「麒麟がくる」も最終回まであと5回。物語はいよいよ、クライマックスである本能寺へ向かうことになる。(編集部・市川遥)

「麒麟がくる」は毎週日曜午後8時からNHK総合ほかで放送中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]