「おちょやん」千代の前に再びテルヲが…8週のあらすじ

またしてもテルヲが千代のもとに……
またしてもテルヲが千代のもとに…… - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が1月25日から8週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

「おちょやん」千代が撮影所に来て3年が経ち…【写真】

 「おちょやん」は、大阪・南河内の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、女優を目指して奮闘する姿を描く物語。1月25日からは第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」に突入する。

[PR]

 千代が撮影所に来てから3年が経った。中堅女優としてなんとか頑張っていた千代だが、不景気のせいで周囲の女優たちは次々とクビになっていた。そんななか突然、父のテルヲ(トータス松本)が訪ねてくる。

 テルヲは相変わらず調子のいいことを口にし、撮影現場にもやってきた。社長の鶴蔵(中村鴈治郎)に千代を主役にするよう言うなど、相変わらず無茶なことばかり。テルヲは改心して真面目に働いていると言っていたが、それもすべて嘘。千代の部屋から通帳と印鑑を持ち出そうとしたところを見つかり、借金まみれだと判明する。呆れ果てた千代は持ち金をすべてテルヲに渡し、二度と会いに来るなと言い放つ。またしても父に裏切られた千代はやる気を失い、撮影所にも行かなくなる。

 一方、助監督の小暮(若葉竜也)は、最後の挑戦だと思って書いた脚本が不採用に。監督の道を諦めて、実家に帰ろうとしていた。千代は小暮からプロポーズされ、一緒に実家で暮らさないかと言われるも、なぜか気持ちは沈んでいくのだった。そんな千代の前に現れたのは、またしても天海一平(成田凌)で……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]