「おちょやん」千代は新作映画の主演選考会に挑む…1月26日のあらすじ

いつもとはちょっと雰囲気が違う千代
いつもとはちょっと雰囲気が違う千代 - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第37回が1月26日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

千代は主演の座を掴めるか!? 第37回の場面カット【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」に突入している。

[PR]

 鶴亀撮影所を訪ねてきた父のテルヲ(トータス松本)から性懲りもなく、一緒に暮らそうと言われた千代。断るが、結局は見捨てることはできずに、一晩だけカフェーに泊めてしまう。

 テルヲは翌日も押し掛け、撮影所の所長である片金(六角精児)に直談判して、千代を売り込む。さらには撮影現場を巻きこむ無茶をしでかしてしまい、千代が尻ぬぐいする役回りに。そんなとき、小暮(若葉竜也)が新作映画の主演を選ぶ試験があるという話を持ってきて……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]