マーベル「ワンダヴィジョン」の舞台裏!オルセン&ベタニー観客前にシットコム収録

幸せそうな二人だが…「ワンダヴィジョン」より
幸せそうな二人だが…「ワンダヴィジョン」より - (C) 2021 Marvel

 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初のドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」から、撮影の裏側を映し出した特別映像が公開された。

「ワンダヴィジョン」特別映像

 「Disney+(ディズニー プラス)」で配信中の本作は、アベンジャーズのメンバーとして激闘を繰り広げたヒーロー、スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)とヴィジョン(ポール・ベタニー)の新たな物語を描くドラマシリーズ。二人の幸せな結婚生活を描く一方で、毎回、終盤には平和な世界のほころびがのぞく衝撃的な展開が待ち受けており、今週配信となる第4話にも大きな注目が注がれている。

[PR]

 そんな本作の特徴が、マーベル作品としては異色のシットコムであること。本作では、往年のシットコムと同じく、スタジオに観客を入れて撮影が行われており、メイキングではその舞台裏が映し出されている。1950年代から各話ごとに年代が進んでいく本作では、第1話と第2話がほぼ全編モノクロ映像だったため、カラーで撮影の様子を見られる、貴重な映像となっている。

 「とてもやりがいがあって、面白かった」とポールが語る通り、現場では、キャストと観客が一体となった、エネルギッシュな舞台が作り出されていた様子。監督のマット・シャックマンは、本作で「シットコムとテレビの黄金時代の再現を見られる」とも語っており、ジャンルの枠を越えたヒーロー作品を生み出してきた、MCUならではの挑戦的なシリーズであることが見てとれる。

 第1話から、二人の生活の裏には暗い影が見え隠れしていたが、ついに第3話で物語は大きな転換を迎えた。脚本家のジャック・シェイファーは「これは結局MCUなの。すべてが見かけ通りとは限らない」と証言。マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギも「『ワンダヴィジョン』は刺激的で誰も観たことがないユニークな作品だ」と断言しており、完結まで異例づくめの展開から目が離せなさそうだ。(編集部・入倉功一)

ディズニー プラスオリジナルドラマ「ワンダヴィジョン」は毎週金曜日配信

ワンダヴィジョン|特別インタビュー|Disney+ (ディズニープラス) » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]