乃木坂46、初のアニメ版MV制作「映像研」大童澄瞳が制作参加

「僕は僕を好きになる」アニメ版ミュージックビデオより
「僕は僕を好きになる」アニメ版ミュージックビデオより

 アイドルグループ・乃木坂46が、先日リリースした 26枚目シングル「僕は僕を好きになる」のアニメ版ミュージックビデオを公開した。

メンバーの素顔!実写版『映像研』オフショット

 グループとしては初というアニメ版MVは、エアバイク部に所属する主人公が、葛藤を抱えながら、学校生活や部活動にまい進する姿を追ったストーリー仕立ての作品。乃木坂46から齋藤飛鳥梅澤美波山下美月が主演を務めた、映画『映像研には手を出すな!』の原作者・大童澄瞳へのスタッフの「最近の乃木坂46のMVは、物語性のある物が少ない」という話から企画が発展し、12月の立ち上げから実質1か月弱で完成させた。

[PR]

 アニメ制作は、映画『映像研には手を出すな!』のアニメーションを手掛けたmonofilmoが担当。大童は、ストーリー・絵コンテ・原画を一手に引き受け「歌詞を読んだ時、自分自身の境遇と重ね合わせて『これは私の話ではないな』と思いました。歌詞から伝わってくる『どこかで悩んでいる誰か』はいったいどんな人なんだろうと思いを巡らせ、部活を舞台に、怪我をきっかけにストイックで周りを置いて行きがちになってしまった主人が、仲間から差し伸べられた手によって、純粋に楽しかった日々を取り戻すというシチュエーションにたどり着きました」と語っている。

 最も苦労したのは、やはり納期。大童は「時間がとにかくなかったので、映像編集ソフトを使って音楽の上に絵を貼り付けて作る『Vコン』を制作しました。曲に対して直感的に絵を組んで行けるし、チーム内でイメージも共有しやすいので良かったと思います。幸い僕は映画部出身で現役YouTuberでもあるので、映像編集自体は『お手の物』でした」と振り返っている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]