光秀、不思議な夢にうなされる…「麒麟がくる」第43回あらすじ 闇に光る樹

光秀は何を思い…
光秀は何を思い… - (C)NHK

 大河ドラマ「麒麟がくる」の第43回「闇に光る樹」が31日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

【画像】ゾクッ…「麒麟がくる」最後のメインビジュアル

 本作は『シン・ゴジラ』などの長谷川博己が主演を務め、本能寺の変で知られる戦国武将・明智光秀の半生を描いている。第43回で織田信長(染谷将太)は自分の言いなりにならない正親町天皇(坂東玉三郎)の譲位を強引に進めようとし、光秀はその責任者に命じられる。

[PR]

 そして、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる光秀。病の療治のために京にやってきた帰蝶(川口春奈)に「こんなとき斎藤道三ならどうしただろうか」と光秀は尋ね、道三の娘・帰蝶からは意外な答えが返ってくる。

麒麟がくる
(C)NHK

 最終回の放送は2月7日に迫っている。第43回より信長の近習・森蘭丸(板垣瑞生)が登場する。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]