松山ケンイチ主演『BLUE/ブルー』予告編公開 主題歌は竹原ピストル!

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会

 松山ケンイチがボクサーにふんする主演映画『BLUE/ブルー』の公開日が4月9日に決定。併せて予告編が公開され、主題歌に竹原ピストル書き下ろしによる「きーぷ、うぉーきんぐ!!」が起用されたことが明らかになった。

主題歌は竹原ピストル!『BLUE/ブルー』胸アツの予告編

 本作は、『ヒメアノ~ル』『犬猿』などの吉田恵輔監督(「吉」は「つちよし」が正式表記)が、30年以上続けてきたボクシングを題材に、自ら脚本を書き上げ、三者三様のボクサーを描く青春映画。情熱はあっても才能が無く試合に勝てない主人公・瓜田に、脚本に惚れ込み約2年にわたって役作りに臨んだ松山ケンイチ。同じジムに所属する、カリスマ的な才能を持つ後輩・小川に東出昌大、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎に柄本時生。瓜田の初恋の人でありながら、今は小川の婚約者であるヒロイン・千佳に木村文乃がふんする。

[PR]

 予告編は、瓜田が千佳の手にバンテージを巻く穏やかなシーンからスタート。瓜田がボクシングを始めたきっかけがそこで浮かび上がり、「ボクシングを始めたこと後悔してる?」と千佳に聞かれた瓜田が「後悔してないよ……でも」と言葉を濁す。瓜田、小川、楢崎それぞれのボクサーとしての生きざまが映し出され、後半では瓜田が小川に「お前が負ける事祈ってたよ」とショッキングな言葉を吐く。

 松山と東出は、実在の棋士にふんした2016年公開の映画『聖の青春』に続いてライバルの設定で共演。殺陣指導も担った吉田監督は“ボクサー版『トキワ荘の青春』”を目指し、「流した涙や汗、すべての報われなかった努力に花束を渡したい気持ちで作った」という。(編集部・石井百合子)

松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生がボクサー役!『BLUE/ブルー』胸アツの予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]