「おちょやん」一平が女形はいらないと言い出し…2月4日のあらすじ

一平の言葉が火種を生む
一平の言葉が火種を生む - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第44回が2月4日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

新たな火種が…第44回の場面カット【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は第9週「絶対笑かしたる」に突入している。

[PR]

 自分を笑わせられたら新しい劇団に入ると約束した千之助(星田英利)。千代はなかなか攻略できず苦しんでいた。一方、天晴(渋谷天笑)とともに万太郎一座に鞍(くら)替えした徳利(大塚宣幸)の説得にも奔走する。万太郎(板尾創路)の凄みを直に体感するも、持ち前の機転と思いやりで徳利を連れ戻す。

 ついに旧天海一座の4人が揃い、協力して千之助を劇団に引っ張り込もうと期待に胸を膨らませる。が、その矢先、一平(成田凌)は漆原(大川良太郎)に「自分の喜劇に女形は要らない」と言い出し、新たな火種が巻き起こるのだった……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]