SixTONES松村北斗、朝ドラ初出演!「カムカムエヴリバディ」新キャスト発表

朝ドラ初出演のSixTONES松村北斗
朝ドラ初出演のSixTONES松村北斗

 2021年度後期放送のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の新キャストが4日に発表され、アイドルグループ・SixTONES松村北斗の出演が明らかになった。松村が朝ドラに出演するのは、今回が初めて。そのほか新キャストには、村上虹郎甲本雅裕濱田岳西田尚美鷲尾真知子大和田伸也小野花梨浅越ゴエザ・プラン9)、段田安則岡田結実YOUが名を連ねる。

【画像】新キャストはこの人たち!

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初めて3人のヒロインとなる安子(上白石萌音)、るい(深津絵里)、ひなた(川栄李奈)が織りなすファミリーストーリー。昭和・平成・令和の時代にラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子の物語を、「ちりとてちん」の藤本有紀が書き下ろした。

[PR]

 SixTONESのメンバーとして活動する一方で、映画『ライアー×ライアー』(2月19日公開)やドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系・毎週土曜よる10時~)に出演するなど、俳優としても活躍する松村。本作で演じるのは、家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生・雉真稔(きじま・みのる)。地元で有名な雉真家の跡取りで、英語が堪能。稔との出会いが安子(上白石)の運命を動かしていくという。

 念願の朝ドラ初出演に、松村は「この度、初めて朝ドラに参加させていただくことが決まり、本当にうれしいです。キャラクターとして演じる稔と僕自身は大きく違います。しかし、台本を読んだ段階からこの役を満喫できる確信がありました! 皆さんの朝の楽しみの一要因になれれば幸いです」と意気込んでいる。

 そのほか、朝ドラ初出演の村上が、稔の弟・雉真勇役を担当。ヒロイン・安子の家族を甲本(父・金太役)、濱田(兄・算太役)、西田(母・小しず役)、鷲尾(祖母・ひさ役)、大和田(祖父・杵太郎役)が務める。また、安子の幼なじみ・水田きぬを小野、きぬの父で豆腐屋の店主・卯平を浅越、雉真繊維の社長・千吉を段田、雉真家の嫁・雪衣を岡田、千吉の妻・美都里をYOUが演じる。

[PR]

 新キャスト決定を受け、ヒロイン・安子役の上白石は「あまりにもすてきで心強い顔ぶれに、何度もキャスト表を読み直しては心を躍らせています。皆様のお顔やお声を想像しながら脚本を読むと、ただでさえ愛おしくてたまらなかった登場人物たちに体温が宿り、物語がいっそう鮮やかに色付くのを感じます」と期待に胸を膨らませ、「顔出来たての和菓子のように温かくて幸せな空気感を、ぜひ楽しみにお待ちください」と呼びかけた。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]