新田真剣佑、月9初出演!竹野内豊、黒木華と初共演「イチケイのカラス」

新田真剣佑、月9初出演!
新田真剣佑、月9初出演! - (C) フジテレビ

 新田真剣佑が、4月スタートのフジテレビ系で放送されるドラマ「イチケイのカラス」で、月9ドラマに初出演することが決定した。竹野内豊黒木華と初共演となる本作で、新田は、裁判官をサポートする裁判所書記官の青年・石倉文太を演じる。

【写真】竹野内豊と黒木華が初共演!月9「イチケイのカラス」

 本作は、自由奔放で型破りな刑事裁判官・入間みちお(竹野内)が主人公。みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)のメンバーたちの活躍を描く。みちおと真逆タイプの裁判官・坂間千鶴役を黒木が担う。

[PR]

 新田ふんする石倉は、書記官として適正かつ迅速な裁判運営を支える一方で、場を明るくするイチケイのムードメーカー的存在。そんな石倉は、書記官になる前からみちおのファンであることを公言しており、みちおをしっかりとサポートしながら、みちおに振り回されるイチケイメンバーとの間で橋渡し役として活躍する。石倉は元傍聴マニアという一面を持ち、書記官になる前から幾度となくみちおの裁判を傍聴してきた。その中には、みちおがかつて弁護士バッジを捨て、裁判官へと転身するきっかけになった、ある事件の裁判も含まれており、謎多きみちおの素性を知る数少ない人物だ。

 また、石倉は、坂間に好意を抱いており、無意識に目で追ったり、何かにつけて思わせぶりなそぶりを見せたりする場面も。ド真面目な坂間には毎度けげんな顔をされてばかりだが、それでもお構いなしと言わんばかりに、人なつっこい態度で心の距離を縮めていく。

(C) フジテレビ

 初共演となる竹野内、黒木について新田は、「竹野内さんとは子どもの頃にお会いしており、それ以来ぶりにお会いでき、こうして共演させていただけることをうれしく思っています。黒木さんとも初めてご一緒させていただくのですが、一度舞台を観させていただき、とても感動したので、今回も勉強させていただけたらと思っています」とコメントを寄せている。

[PR]

 新田は、映画『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。数々の話題作に出演し、公開中の『名も無き世界のエンドロール』をはじめ、今後も『ブレイブ -群青戦記-』(3月12日公開)、『るろうに剣心 最終章 The Final』(4月23日公開)などが控えている。そんな新田がフジテレビの連続ドラマに出演するのは「刑事ゆがみ」(2018年10月期)以来約2年半ぶりとなる。(編集部・梅山富美子)

ドラマ「イチケイのカラス」はフジテレビ系にて4月スタート、毎週月曜よる9時~9時54分

コメント全文

■新田真剣佑
Q:出演にあたって
今まであまり見たことのない裁判官目線のお話なので、とても興味深く台本を読ませていただきました。撮影現場では、いつも竹野内さん、黒木さんたちと一緒で、とても楽しくやらせていただいています。

Q:竹野内豊さん、黒木華さんについて
竹野内さんとは子どもの頃にお会いしており、それ以来ぶりにお会いでき、こうして共演させていただけることをうれしく思っています。黒木さんとも初めてご一緒させていただくのですが、一度舞台を観させていただき、とても感動したので、今回も勉強させていただけたらと思っています。

[PR]

Q:視聴者へのメッセージ
長い期間をかけて皆で大切に撮影しています。放送をぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。そして、若手でありながらも懸命に頑張っている石倉の姿を、同世代の方にも伝えられたらと思っています。

■プロデュース:後藤博幸(フジテレビ第一制作室)
裏方として裁判官を支え続ける裁判所書記官の仕事内容を事細かに答えられる人はそう多くはないと思いますが、ニュースなどで法廷が映る際、裁判官の下に座っているのが書記官と言われるとピンとくる方も多いのではないでしょうか。「イチケイのカラス」では裁判官だけでなく書記官にもスポットライトが当たります。その書記官を、華のある新田真剣佑さんに演じていただくことで、書記官の存在と魅力が世の中に伝わり、今後、裁判所書記官を目指す方が増えてくれるとうれしいです。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]