迫力すごい!ゴジラ新作アニメ「シンギュラポイント」ゴジラのデザイン画

迫力すごい!本編登場の“ゴジラ”
迫力すごい!本編登場の“ゴジラ” - (C) 2020 TOHO CO., LTD.

 日本を代表するキャラクターのひとつ「ゴジラ」の新たなプロジェクトとして始動した完全新作のアニメシリーズ「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」の本編に登場する、新たな“ゴジラ”のデザイン画が公開された。

アニメ「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」キャラクタービジュアル!【画像】

 本作は、これまでの映画などとまったく違う新たなオリジナルストーリーが全13話で展開。研究者の神野銘と、技術者の有川ユンという2人の若き天才が、人類に訪れる未曽有の脅威に対して、周囲の人間たちと共に挑んでいく姿が壮大なスケールで描かれる。4月より TOKYO MX ほかにてテレビ放送スタートとなり、Netflixにて全世界独占配信(日本先行)される。

[PR]

 ゴジラをはじめ、本作に登場する怪獣のデザインを手がけたのは、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』など多くのスタジオジブリ作品に参加してきたアニメーター・山森英司。ゴジラのデザインビジュアルは、山森による描き下ろしに、同じく本作のコンセプトアートを担当し、これまでに「リトルウィッチアカデミア」「キルラキル」など数々の作品で美術監督を務めた金子雄司が着彩した。迫力あるデザインとなっている。

(C) 2020 TOHO CO., LTD.

 本作は、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の高橋敦史が監督、SF小説家で芥川賞作家の円城塔がシリーズ構成・脚本、漫画「青の祓魔師」の作者・加藤和恵がキャラクターデザイン原案、数々の『映画ドラえもん』作品を手掛けた沢田完が音楽を担当。「僕のヒーローアカデミア」などを手掛けるスタジオ・ボンズと、「宝石の国」「BEASTARS ビースターズ」などのCGアニメを手掛けてきたオレンジがタッグを組む。(編集部・梅山富美子)

[PR]

山森英司コメント全文

Q:本作の怪獣デザインのオファーをいただいた時のお気持ちを教えてください。

本当に私がやっていいのかな? と言う感じです。怪獣デザインにはそれなりに自信はありますが、何しろデザイナーとしては無名で実績も殆ど無い訳ですから。抜擢くださり大感謝です。大変光栄で未だに夢を見てる様です。

Q:どのような思い、お考えを持ちながら怪獣デザインを描かれましたか?

CGということで、着ぐるみでは不可能な骨格にし、生物学的にも変じゃない巨大な生き物を意識してます。その上で原点回帰してモチーフからの再デザインだったり、歴代東宝怪獣をオマージュして取り入れたりしました。

Q:今回発表されたゴジラのデザインをするうえでのこだわりを教えてください。

何より初代のデザインモチーフを念頭に置き、絶対に人類と意思疎通などできない、畏怖すべき生き物としての威厳を持たせることです。初期の昭和ゴジラのイメージを統合し、それでいて新しい初めて見る姿を目指しました。

Q:放送を楽しみにしている方々へメッセージをお願いいたします。

いち怪獣好きとしての私が観たかったゴジラは、きっと皆さんも観たかったゴジラであると信じています。特撮とは又違ったアニメーションならではの表現で暴れ回る怪獣たちをぜひ楽しんでください。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]