「おちょやん」千代はみつえのもとへ向かう…2月19日のあらすじ

千代は千之助から体当たりで教わったことをみつえにぶつける
千代は千之助から体当たりで教わったことをみつえにぶつける - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第55回が2月19日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

シズはみつえを探して岡安を飛び出す…第54回の場面カット【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」に突入している。

[PR]

 雨上がりの道頓堀、舞台の役衣装のままで千代は全速力で駆けていた。駆け落ちしようと岡安を出て行ったみつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)のもとへ向かう。千代は、鶴亀家庭劇の新作「マットン婆さん」で千之助(星田英利)から体当たりで教わったことを、みつえにぶつけたかったのだ。

 一方、一人娘のみつえの居場所を探しだそうと、岡安を飛び出したシズ。神にもすがる思いで、歩き回っていたのだった……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]