大泉洋にとって「TEAM NACS」の存在とは?

TEAM NACS の急先鋒として活躍する大泉洋 (写真:橋本龍二)
TEAM NACS の急先鋒として活躍する大泉洋 (写真:橋本龍二)

 3月26日より公開される映画『騙し絵の牙』でやり手の雑誌編集長を演じる俳優の大泉洋。コロナ禍の中、昨年は映画『新解釈・三國志』などで人々に笑いを届け、今年に入ってからも、本作など主演作が続き、まさに快進撃が止まらない。彼が所属する演劇ユニット・TEAM NACS森崎博之安田顕戸次重幸音尾琢真、大泉)でも突出した存在となっているが、メンバーとの関係に変化はないのか? さらには主演俳優としてソロ活動が目覚ましい彼にとってチームの存在とは? 大泉の心の“現在地”を聞いた。

TEAM NACS が戦隊ヒーローに!【写真】

 ドラマ「ハケンの品格」(2007)で知名度をさらに上げ、映画『探偵はBARにいる』シリーズなどで主演俳優としての道を切り拓いてきた大泉。その一方で TEAM NACS の活動も継続し、4月より舞台「マスターピース~傑作を君に~」(TEAM NACS 第17回公演)への出演も予定されている。メンバーそれぞれが活躍の場を広げている中、その急先鋒として活躍する大泉とって現在、チームはどのような存在となっているのか。「昔、同郷の北島三郎さんと対談したときに、『北海道は、自分を支えてくれる背もたれみたいなもの。安心して座っていられる』とおっしゃっていましたが、素晴らしい言葉だなと。TEAM NACS もそういう存在かもしれませんね」と言葉をかみ締める。

[PR]

 さらに、ソロ活動が忙しくなっても、「僕は1人じゃない、あのメンバーがいるからこそ強くいられるんだ」という思いが、心の支えになっているという大泉。だが、決してベタベタした関係ではないとも強調する。「確かに仲間ではあるけれど、だからといって、全てをさらけ出して語り合うわけでもないし、また、しゃべるメンバーと、そんなにしゃべらないメンバーもいる。それに、一番身近なライバルでもあるので、メンバーがいい仕事すると、うらやましいし、悔しいって思いもあります。でもメンバーの扱いが悪かったりすると、それはそれで腹が立つ。ホント、不思議な関係」と赤裸々に思いを明かす。

 ただ、そうは言っても、「心のどこかで、『TEAM NACS の一員として知名度を上げたい』『TEAM NACS の価値をもっと上げたい』という気持ちも強いんです」と思いがあふれる大泉。「先ほど、ライバル心が燃えると言いましたが、メンバーがいい仕事をすると、その反面、『また皆さんに知ってもらえた!』といううれしさも実はあったりするんですよ。安田顕が演じた『HK/変態仮面』シリーズの役(変態数学教師や変態仙人)、僕、できませんからね(笑)。あれは凄い! と素直に認めてしまう。つまり、そういうことなんです。できる、できない、ということも含めて、メンバー同士で認め合い、そして高め合っていく、それが TEAM NACS なんです」と力を込めた。

[PR]
騙し絵の牙
骨太なエンタメ作品で新境地を見せる - (C) 2021「騙し絵の牙」製作委員会

 そんな大泉が主演する映画『騙し絵の牙』は、「罪の声」で知られる塩田武士の小説を『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八監督が映画化。出版界の光と闇を描く本作で大泉は、廃刊の危機に瀕した雑誌「トリニティ」を存続させるために奔走する風変わりな編集長・速水を熱演する。そのほか、松岡茉優宮沢氷魚池田エライザ斎藤工中村倫也佐野史郎リリー・フランキー塚本晋也國村隼木村佳乃小林聡美佐藤浩市ら豪華キャスト陣が名を連ねる。

 塩田によって当て書きされた大泉演じる主人公・速水は、誰にでも愛される“人たらし”ながら、その笑顔の裏に牙を持つ“騙し絵”のような男。「当て書きなので役づくりはいらないと思っていましたが、いつも以上に難しかった」と語る大泉は、緻密な演出で知られる吉田監督から、演じることの厳しさを改めて教えられたという。「大八さんの場合、素の僕が出てくるとNG。監督の中でイメージする速水像というのがしっかりあって、そこにどれだけ僕が寄せられるかがポイントだった」と述懐。骨太なエンタメ作品の中で、俳優・大泉洋が新境地を見せる。(取材・文:坂田正樹)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]