「おちょやん」千代と一平が夫婦となって3年…万太郎一座と対決!14週のあらすじ

ちょっと雰囲気も変わった千代
ちょっと雰囲気も変わった千代 - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が3月8日から14週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

喜劇王チャップリンの来日が決まり一座は…第66回の場面カット【写真】

 「おちょやん」は、明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、苦難を乗り越えて女優の道を駆け上がっていく姿を描く物語。3月8日からは第14週「兄弟喧嘩」に突入する。

[PR]

 昭和7年、一平(成田凌)が二代目天海天海を襲名し、千代と夫婦になってから3年の月日が流れた。鶴亀家庭劇が道頓堀で順調に人気を上げていくなか、世界の喜劇王チャップリンが来日することがわかる。大山鶴蔵(中村鴈治郎)は、鶴亀家庭劇と須賀廼家万太郎(板尾創路)率いる万太郎一座を競わせて、次回公演で客の数が多かったほうの芝居をチャップリンに観に来てもらうと宣言するのだった。

 万太郎一座の人気は絶大。家庭劇の面々は打倒万太郎一座に向けて盛り上がりを見せていた。ところが、千之助(星田英利)の様子が何やらおかしい。劇団員たちを罵倒し、女優なんかいらないと言い出した挙句、千之助が書いてきた台本は無茶苦茶で何の話かもわからない。

 この勝負に絶対に勝たなければならないというプレッシャーで、我を忘れてしまっていた千之助。万太郎との間に20年以上前からの因縁があり、千代はそのことを万太郎から直接聞く。

 かつて千之助は、万太郎とともに始めた須賀廼家兄弟一座で人気を二分する看板役者だったが、あるとき突然に万太郎から侮辱され、一座を追い出されたのだという。以来、千之助はこと万太郎に関しては冷静でいられなくなるのだった。だが、千之助がいなくては万太郎一座に勝つことはできず……。

 ある日、千之助が一平と千代の家に現れる。千之助は一平に、万太郎に勝つために力を貸してくれと頭を下げるのだった。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]