「おちょやん」テルヲが千代の役者としての姿を知る…15週のあらすじ

みつえから旅行に行くことを勧められる千代
みつえから旅行に行くことを勧められる千代 - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が3月15日から15週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

みつえが夫婦の時間を持てない千代に…第71回(15日)の場面カット【写真】

 「おちょやん」は、大阪・南河内の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、女優の道を駆け上がっていく姿を描く物語。3月15日からは第15週「うちは幸せになんで」に突入する。

[PR]

 鶴亀家庭劇の公演が成功に終わり、劇団員たちの結束が強くなっていく。そんななか、千代の父テルヲ(トータス松本)が突然、ボロボロの姿で芝居茶屋「岡安」に現れる。

 テルヲはこれまでのことをすべて謝りたいと言うが、千代はそれを冷たく拒絶する。それでも、テルヲは千代と一平(成田凌)の家に押しかけ、しつこく千代につきまとう。そんなとき、テルヲは急な腹痛に苦しむ宗助(名倉潤)を路上で助け、病院に運び込む。シズ(篠原涼子)はテルヲに礼を述べるが、これ以上千代を苦しめないために道頓堀から出て行ってほしいと頼む。しかし、シズはテルヲが病でもう長くはないことを知ってしまうのだった。

 テルヲは千代の家のみならず、一座の稽古場にも現れては場違いな振る舞いで千代を困らせる。テルヲは、鶴亀株式会社の社長の鶴蔵(中村鴈治郎)や千之助(星田英利)と会って話をするうちに、千代が役者としてどのように生きてきたのか、何も知らなかったことに気づく。そして、千代が共演相手の魅力を引き出せる、いい役者であることを千之助から教えられ、テルヲは思わず涙を流す。

 一方、東京の演劇雑誌が取材のために鶴亀家庭劇を訪れることに。劇団員たちは盛り上がるが、当日を迎え、彼らが取材を受けている最中にテルヲが姿を見せる。そこで、テルヲと借金の取り立て屋が揉めだして、警察がやって来る騒ぎになってしまうのだった……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]