「ドラゴン桜」続編、加藤清史郎が新たな生徒役に決定!

加藤清史郎が新たな東大クラスの生徒に決定!
加藤清史郎が新たな東大クラスの生徒に決定! - (C)TBS

 俳優の加藤清史郎が、4月からスタートする阿部寛主演の日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系・毎週日曜夜9時~)で、東大合格を目指すクラス・東大専科の生徒役を務めることが明らかになった。

【写真】「ドラゴン桜」長澤まさみ&紗栄子がツーショット披露!

 「ドラゴン桜」は、阿部ふんする元暴走族の弁護士・桜木建二が、落ちこぼれ高校生たちを東大合格に導くために奮闘する姿を描く、2005年に放送された大ヒットドラマの続編。「モーニング」(講談社)で2018年から連載中の三田紀房による漫画「ドラゴン桜2」を原作に、“桜木メソッド”と呼ばれる東大合格のための勉強法を交えつつ、今の時代を反映した、ドラマオリジナルの展開が描かれる。

[PR]

 「ドラゴン桜」の生徒といえば、前作では、山下智久長澤まさみ小池徹平新垣結衣中尾明慶紗栄子らが演じた、次世代を担う顔ぶれとしても注目の役どころ。そんな新世代のキャストの1人に、子役として大活躍し、今年で20歳を迎える加藤が抜擢された。

 加藤が演じる東大専科の生徒・天野晃一郎は、優秀な弟と常に比較され続け、劣等感がしみついているキャラクター。家族を見返したいと思いながらも、あと一歩勇気が出せない天野の背中を、桜木がどのように押すことになるのか。加藤は「オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました。天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の一人として、精一杯、役を生きていきたいです」と語っている。

 そのほか東大専科の生徒役には、南沙良(早瀬菜緒役)、細田佳央太(原健太役)、志田彩良(小杉麻里役)、鈴鹿央士(藤井遼)ら期待の若手俳優たちが決定。本作では、東大合格を目指す物語にちなんで、東京大学の一般選抜合格発表日である3月10日から1人ずつ生徒役を発表しており、残すところあと2名となる。

 さらに本作では、長澤まさみが、桜木の元教え子・水野直美役を続投するほか、学園の教頭役に及川光博、桜木の信頼する弁護士役に早霧せいな、学園の理事長役に江口のりこ、桜木の元教え子役に佐野勇斗が決定している。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]