『シン・仮面ライダー』企画の経緯・制作状況は?庵野秀明の企画メモから6年

仮面ライダー生誕50周年企画発表会見の様子
仮面ライダー生誕50周年企画発表会見の様子

 3日、仮面ライダー生誕50周年企画発表会見が丸の内TOEIで行われ、庵野秀明が監督・脚本を手がける映画『シン・仮面ライダー』(2023年3月に公開予定)の製作が発表された。この日の会見には東映株式会社取締役・テレビ第二営業部部長の白倉伸一郎が出席し、謎のベールに包まれた本作について“現時点で話せること”を語った。

『シン・仮面ライダー』発表の様子【動画】

 この日の会見は、1971年にテレビ朝日系にて放送を開始した特撮ドラマ「仮面ライダー」の放送時間と同じ、4月3日19時半にスタート。会見内では白倉からの「全人類に向かって放つ作品でございます」との言葉とともに、映画『シン・仮面ライダー』の超特報映像が上映された。

[PR]

 「50周年を迎えた仮面ライダーですが、ちょうど50年前に制作された『仮面ライダー』をもとに、脚本・監督に庵野さんを迎え、『シン・仮面ライダー』を製作させていただくことになりました。今日、このタイミングで発表できてうれしく思います」と切り出した白倉は、「今回のイメージ画を描いたのは(アニメーターの)前田真宏さんです。撮影はこれからですが、どのような作品になるのか。好奇心のエンジンがブルンブルンであります。大いにご期待ください」と呼びかけた。

 企画の経緯としては6年前にさかのぼるそうで、「弊社のプロデューサーが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の時に、庵野監督と密な関係を構築させていただきまして。庵野監督から、こういうものはどうかという企画メモをいただきました。そこから足かけ6年、準備を進めてきて、ようやく発表できる運びとなりました」と明かした白倉。

 しかし、コロナ禍の影響で作業スケジュールは少し延びているという。「正直いうと、(今年の)50周年イヤーにこぎつけられたらと思って準備をしてきたんですが、コロナ禍で(上映作品の)玉突き現象が起きていまして。2023年を目指しているということになっております。逆に言いますと、準備は十分できているのかなと。撮影はこれからですが、余裕を持って、2023年公開を目指せると思っております」と説明。さらに、まだ具体的なことは決まっていないと前置きしつつも、「海外との同時公開を目指したい」と目標を掲げた。

[PR]

 まだ詳細については明らかにされていないが、本作のイメージについては「どんな物が出てくるのか。もちろんわたしも監督と打ち合わせをして、漠然としたイメージはありますが、監督のコメントにもあった通り、『仮面ライダー』をご覧になっていない方でも楽しめる、ものすごいエンターテインメント作品に必ずなると思います。早く観てみたいと思います」と期待を寄せる。

 初代仮面ライダーをベースにしているということで、第1話、第2話に出てくる怪人の蜘蛛男、蝙蝠男などが出てくるのかという期待も寄せられそうだが、「初代の『仮面ライダー』も、『仮面ライダーBLACK』もそこからスタートしているので、私自身はそこからスタートしてくれると(気分が)あがると思いますが、そこをジャッジするのは庵野監督ですから」といまだ内容については明かせないことが多い様子だった。(取材・文:壬生智裕)

『シン・仮面ライダー』2023年3月公開!庵野秀明が監督・脚本 「仮面ライダー」生誕50周年企画発表会見 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]