松山ケンイチ&木村文乃「2人の世界に入れた」シーンとは

松山ケンイチ&木村文乃
松山ケンイチ&木村文乃

 松山ケンイチ木村文乃が10日、都内で行われた映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台あいさつに出席し、本作での共演を振り返った。

【写真】キャスト陣、ブルーの衣装!

 リアリティー溢れる描写で人間の光と影を表現し続ける吉田恵輔監督が、30年以上続けてきたボクシングを題材に、自ら脚本を書き上げた本作は、成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの熱い生き様を描く青春映画。壇上には松山、木村、吉田監督のほか、共演する東出昌大柄本時生も登壇した。

[PR]

 木村は本作で理想と現実のはざまでもがきながらも前に進む3人のボクサーを見守るヒロインの千佳を熱演する。松山が演じる、情熱はあっても才能が無い、試合には勝てない主人公・瓜田の初恋の人でありながら、今は小川(東出)の婚約者という、2人の男性の間で揺れる役どころでもある。

 木村は「ボクシングの場面は蚊帳の外でした」と本作の撮影を振り返ると、ボクサー役を務めた松山、東出、柄本の撮影の様子について「ジムでの撮影の時は仲間に入れなかった。ある日、3人が何か話していて、『あいつステップいいよね』とかって聞こえてきて、この人たち役者じゃないのかもって思った」と話すなど、3人の熱の入れように驚かされた様子。

 映画の中では、松山演じる瓜田のバンテージを巻くシーンがあり、壇上ではこのシーンが良かったという話題に。松山もこのシーンが印象的だったといい、「僕は巻きながら、話をする(セリフを話す)ので、間違えないようにとだけ考えてやっていたんです。でも、実際2人でやっていて思ったのは、役者として、やっぱりカメラはどうしても意識してしまうものなんですけど、このシーンのこの瞬間だけは本当に2人の世界に入れたなって思えた。2人とも裸でいるような感じがした」と回顧。「自分としてはすごく嬉しい瞬間だった」としみじみと振り返る。

[PR]

 だが、松山の「裸でいるような」に会場ではなぜか笑いが。木村はこれに「裸だったと思う」とおどけつつ同調。「木村的にはこれからイチャイチャしますっていう感じでした。行ってらっしゃいって感じでした」と松山との同シーンの撮影時の心境を紹介。東出もこのシーンについて、「手に(バンテージを)巻きながらのお芝居ですごいなって思いました。ジェラシーとかはなかった。いいシーンだなって素直に思えました」と絶賛していた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]