ADVERTISEMENT

今夜から!石原さとみ&綾野剛「恋はDeepに」キャスト・あらすじ

「恋はDeepに」より
「恋はDeepに」より - (C)日本テレビ

 本日(14日)よりスタートする石原さとみ綾野剛共演の日本テレビ系4月期ドラマ「恋はDeepに」(毎週水曜よる10時放送)の放送を前に、キャスト、あらすじ、見どころを振り返ってみた。

「恋はDeepに」胸キュンの場面写真

あらすじ

 本作は、海を守りたい海洋学者・渚海音(なぎさ・みお/石原)と、巨大マリンリゾートの開発に人生をかけるツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(はすみ・りんたろう/綾野)の恋を描くラブコメ。住む世界がまるで異なる2人が運命の恋に落ちるが、海音には驚くべき秘密があって……というのが主な筋書き。脚本を、「おっさんずラブ」「私の家政夫ナギサさん」などの徳尾浩司が担当する。

ADVERTISEMENT

 第1話では、大好きな星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されるというニュースにショックを受け計画を阻止しようとする海音と、ロンドンから帰国しリゾート開発の陣頭指揮にあたる倫太郎との出会いが描かれる。ローカルテレビ番組に生出演した海音は、進行を無視してマリンリゾート反対を訴え。セット裏には水槽の魚を愛おしそうに見つめている倫太郎の姿があり、海音はその優しい眼差しに思わず引き寄せられるが、倫太郎から放送中の発言を責められ、二人の出会いは一瞬にして最悪なものに。翌日、海音は巨大不動産会社・蓮田トラストから呼び出され、倫太郎と対立関係にある兄・光太郎から、リゾート開発チームにアドバイザーとして参加してほしいと頼まれる。

キャスト&登場人物

 石原が演じるのは、芝浦海洋大学の鴨居研究室に所属する研究員。海の生き物に詳しく、いつも明るく笑顔でお人よしの性格のため、頼まれるとNOと言えない一面も。過去の生い立ちは謎に包まれている。海音と同じ研究室で働く宮前藍花に今田美桜、海洋生物学の権威で海音のおじ・鴨居正に橋本じゅん。魚類生態学の専門家・染谷教授に高橋努、海洋再生可能エネルギーの専門家で准教授の椎木に水澤紳吾。海音につきまとうYouTuberのMr.エニシに福山翔大がふんする。

 一方、綾野が演じるのは、巨大不動産会社の御曹司で三兄弟の次男。仕事に厳しく、近寄りがたい空気を醸しているが、純真な少年の心を秘めている。幼少期に家族で訪れた海で起きた出来事をきっかけに家族と距離を置くようになり、イギリスに留学して有名コンサル会社でキャリアを積み重ねていた。倫太郎の兄・光太郎に大谷亮平、弟・榮太郎に渡邊圭祐、蓮田トラストグループの会長兼社長である父・太郎に鹿賀丈史。倫太郎の大学時代の同級生・鶴川優作に藤森慎吾オリエンタルラジオ)、密かに光太郎に思いを寄せるリゾート開発本部の社員・山内可憐に筧美和子、勤続20年を超える課長・風間みどりに松熊つる松

ADVERTISEMENT

石原さとみ&綾野剛がラブコメで満を持しての共演

 そもそも、ここのところ『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』の刑事役、『ヤクザと家族 The Family』のヤクザ役、『ホムンクルス』の特殊能力が覚醒したホームレスなど、シリアス&ハードな役柄が続いていた綾野がラブストーリー、しかもラブコメというのが新鮮。ラブストーリーは、2017年放送の「フランケンシュタインの恋」以来となる。石原のラブストーリーの出演は、2018年放送の「高嶺の花」以来。

 これまで公開された予告編では、海辺やエレベーターなどでの胸キュンのシチュエーションが満載。至近距離で声をかける倫太郎に海音が慌てふためくシーンや、倫太郎がおもむろに海音の手をつかむシーン、倫太郎が柱にもたれる海音に迫るシーン、海音が倫太郎にキスを迫るシーンなど。

 なお、本日11時45分ごろより、石原さとみと綾野剛が、番組公式Instagramアカウントでインスタライブを実施予定(※撮影状況などにより変更になる可能性あり)。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT