愛や死を描く大人向けNetflixアニメ「ラブ、デス&ロボット」シーズン2、5.14配信!

シーズン2も異色作ばかり!
シーズン2も異色作ばかり!

 映画『Mank/マンク』などのデヴィッド・フィンチャーが製作総指揮を務めるNetflixオリジナルシリーズ「ラブ、デス&ロボット」シーズン2(全8話)が、5月14日より独占配信される。あわせて、2022年にシーズン3(全8話)が配信されることも発表された。

【動画】SF、ファンタジー、ホラーあり!「ラブ、デス&ロボット」シーズン2予告編

 「ラブ、デス&ロボット」は愛や死をテーマに、世界屈指のクリエイターがジャンルに縛られず、過激な描写を盛り込んで製作した1話平均10分の大人向け短編アニメアンソロジー。フィンチャーに加えて、『デッドプール』『ターミネーター:ニュー・フェイト』などのティム・ミラー監督が製作総指揮で参加。中毒性ある世界観が話題となり、シーズン1の収録作「目撃者」がエミー賞においてアニメーション賞短編アニメーション部門を受賞した。

[PR]

 シーズン2では、前作超えを目指すべく世界各国から指折りのクリエイターが集結。予告編では、SF映画を彷彿させる宇宙でのアクション、犬の糞を処理する謎のロボット、近未来の都市で生活する人々といった、多岐にわたるジャンルの作品が矢継ぎ早に映し出される。ミラーは新シーズンについて、「シーズン1への反応は、これ以上にないほど嬉しいものでした。デヴィッド(・フィンチャー)と私が長年渇望し、でも実現することはないだろうと言われ続けてきた、ファンからの熱烈な支持を得ることができたんです」とコメントしている。

 フィンチャーとミラーに加えて、シーズン2より『カンフー・パンダ2』の監督で知られるジェニファー・ユー・ネルソンが総監督として参加。ミラーと共にエピソード監督も務める。(編集部・倉本拓弥)

Netflixオリジナルシリーズ「ラブ、デス&ロボット」シーズン1:独占配信中、シーズン2:5月14日(金)より独占配信開始

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]