永野芽郁、初めましてで即殴り合い!規格外の撮影現場で距離の詰め方を学ぶ

特攻服姿もサマになってる永野芽郁
特攻服姿もサマになってる永野芽郁

 女優の永野芽郁が21日、帝国ホテルで行われた映画『地獄の花園』の完成報告謝罪イベントに出席。共演者と初対面から殴り合うというシーンの撮影に「普段とは違う距離の詰め方ができました」と笑顔で語った。イベントには共演者の広瀬アリス菜々緒川栄李奈大島美幸遠藤憲一小池栄子も出席した。

ブチ切れ!?永野芽郁『地獄の花園』本予告【動画】

 バカリズムが脚本を手掛けた『地獄の花園』は、普通のOLライフを送る直子(永野)の職場にカリスマヤンキーOLの蘭(広瀬)が中途採用されたことをきっかけに、全国のOLたちを巻き込んだ大騒動を描く物語。抗争に巻き込まれてしまう直子を演じた永野は、劇中でもかなりの立ち回りに披露しているとあり、「クランクインの4~5か月前からアクション練習を開始していました」と入念な準備で臨んだことを明かす。

[PR]

 それでも周囲の圧倒的なインパクトに翻弄されたという永野。「私は普通のOLの役で、格好も普通なのですが、みなさんがすごすぎて、どちらかというと精神的な戦いの方が大変でした。広瀬さんや小池さんは『初めまして』のあいさつの後に、すぐに殴り合うシーンの撮影で(笑)。普段とは違う距離の詰め方で、とても新鮮でした」と規格外の撮影を振り返った。

地獄の花園

 そんな永野の「普通ではなかった」という言葉通り、劇中の衣装で登場したキャストたちのビジュアルはかなり強烈。なかでもガーターにハイヒール姿の遠藤は「俺、今年還暦なんですよね」とぼやきつつ、「自分が抱いていた60歳のイメージってこういう感じじゃなかったので、人生って想像通りにいかないんだなって感じますね」と苦笑い。それでも遠藤は「でも、いくつになっても突飛な役をいただけるというのは嬉しいです。これからも『嘘だろ!』というような役をいっぱい演じていきたいです」と笑顔を見せた。

 この日の会見は終始、和気あいあいとした雰囲気のなかで行われた。永野は「なにも考えずに笑ってもらえるコメディーになっています。このような時期に、楽しい映画をお届けできて嬉しいので、とにかく観てほしいです!」と作品をアピールした。(磯部正和)

映画『地獄の花園』は5月21日より全国公開

ブチ切れ!?永野芽郁『地獄の花園』本予告 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]