機動戦士ガンダム『閃光のハサウェイ』5月21日に公開延期

公開目前で延期が決定した『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』
公開目前で延期が決定した『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 - (C)創通・サンライズ

 株式会社サンライズは26日、5月7日から全国公開される予定だった「機動戦士ガンダム」シリーズ最新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の公開日を、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を理由に、5月21日へ変更すると発表した。

 本作は、ガンダムの生みの親・富野由悠季が1989年から発表した小説を三部作で映画化。アムロ・レイとシャア・アズナブルの最終決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)後の宇宙世紀0105年を舞台に、アムロの戦友ブライト・ノアの息子であるハサウェイ・ノア(声:小野賢章)が、新型モビルスーツ、Ξ(クスィー)ガンダムを駆って、地球連邦政府に反旗を翻す。

 本作はもともと、2020年7月に公開される予定だったが、新型コロナの影響を受けて公開を延期。4都府県を対象とした緊急事態宣言が発令されるなか、新たな公開日を目前に、再度の延期を余儀なくされた。サンライズの小形尚弘プロデューサーはコメントを発表し「昨夏の延期から長らくお待たせした皆様と同じく、たくさんの作品関係者も悔しい気持ちでいっぱいです。しかしながら観に来ていただける方々の安全を鑑み、もうあと2週間の時間をいただく事となりました。5月21日まで健康第一にしていただいて、今度こそ今度こそ劇場でお会いしましょう」と呼びかけている。

 今回の決定に伴い、劇場で販売予定のブルーレイやイベント限定ガンプラ、パンフレットなどの商品も、5月21日発売に変更される。また、発売中の特典付き前売り券は、公開日前日の5月20日まで上映劇場で販売される。すでに購入した前売りチケット(ムビチケカード)は公開日変更後の上映でも使用できるといい、同社では保管を呼び掛けている。(編集部・入倉功一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]