「おちょやん」当郎との再会で千代に久々の笑顔…21週を振り返り!

辛いことが続いていた千代の顔も和らぐ
辛いことが続いていた千代の顔も和らぐ - (C) NHK

 現在放送中の連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が21週目を迎えている。今週の見どころを振り返ってみたい(一部、あらすじに触れています)。

名子役!千代の幼少期を演じた毎田暖乃が再登場【写真】

 「おちょやん」は、明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代(杉咲花)が、数々の苦難を乗り越えながら女優の道を駆け上がっていく姿を描く物語。4月26日からは第21週「竹井千代と申します」に突入し、千代が道頓堀から姿を消して1年後の物語が描かれた。

[PR]

 鶴亀新喜劇にも千代の行方を知る者はおらず、一平(成田凌)と灯子(小西はる)の間には男児が誕生して新しい生活が始まっていた。だが、劇団の色恋沙汰が世間の目に触れてしまい、鶴亀新喜劇もどこか波に乗れない状態が続いていた。

 そんななか、NHK大阪ではラジオドラマ「お父さんはお人好し」の企画が動き出す。お母さん役に箕輪悦子を起用したい脚本家の長澤誠(生瀬勝久)と、竹井千代に自分の相手役をやってほしいと主張するお父さん役を務める漫才師の花車当郎(塚地武雅)。困ったNHK大阪のディレクターたちは、片っ端から聞き込みを行い、千代を探し始めるのだった……。

 今から1年前、道頓堀を飛び出して雨の中で行き場をなくしたところに、母・栗子(宮澤エマ)と思わぬ再会を果たした千代。栗子は千代を家に連れて帰り、身寄りのない孫・春子を育ててほしいと切り出すが、千代は栗子への悪感情や灯子への感情も重なり憤る。意図せず春子を傷つけてしまうも、千代は春子の言葉を受けて面倒を見ることに。

 千代が京都にいるという情報を入手したスタッフがラジオドラマの出演を依頼するが、あっさりと断る千代。今度は当郎が訪ね、自分と夫婦になってほしいと切り出す。戦争中に防空壕のなかで一度だけ話をしたことがあった当郎と再会を果たし、辛いことが続いていた千代の顔にも久々に笑顔が戻ってくることとなった。

[PR]

 新たに登場した春子を演じるのは、貫禄も感じさせる演技で幼い頃の千代を演じていた毎田暖乃。かつての失敗が忘れられずにいた千代だが、春子に「そばにおってな。どこにも行かんといてな」と抱きしめられ、大粒の涙を流してしまうのだった。その後、NHK大阪に連絡があり、千代がお母さん役を引き受けるということが伝えられる。

 そして、これまで千代に事あるごとに花を贈っていたのが栗子であったことも判明。栗子は千代の決心に応えるべく、名乗ることを決めたという。芝居を頑張っていると聞いた栗子は嬉しくて涙が止まらなくなったことを打ち明け、千代の芝居が生きがいになったのだと打ち明ける。「あんたのお芝居が大好きや」という言葉に、千代のわだかまりも長い時を経て解消することになった。

 ラジオドラマを作り上げる面々と顔合わせを行った千代。次週からは当郎とともにラジオドラマの世界で活躍して「大阪のお母さん」として親しまれていくことになる。最終回は5月14日(15日は最終週の振り返り)の予定となっており、残すところ2週となっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]